HOME > 公演情報_音楽 > 芸劇ウインド・オーケストラ第3回演奏会

芸劇ウインド・オーケストラ第3回演奏会

芸劇ウインド・オーケストラ第3回演奏会

バッハから新垣隆まで ―― 鈴木優人と芸劇ウインド・オーケストラがいざなう音楽の旅


今回の演奏会では、東京芸術劇場開館25周年記念公演(2015年11月)にて、芸劇ウインド・オーケストラとともに火の粉が舞うようなストラヴィンスキー作曲「火の鳥」を熱演した鈴木優人との再共演を果たします。

古楽に精通している鈴木優人自身の編曲によるヘンデルとJ.S.バッハの作品。
往時の宮廷を想起させるモーツァルトとR.シュトラウスの管楽器の為に作曲されたセレナーデ。
モーツァルトの影響を受けた20世紀を代表する作曲家ラヴェルの壮大かつ艶やかなバレエ音楽。
さらには2016年11月にイギリスの名門レーベル「デッカ・レコード」から世界配信が決定した新垣隆による委嘱作品が世界初演されます。

まさに音楽の歴史をたどるようなプログラムを、芸劇ウインドオーケストラによる若さ溢れる演奏でお楽しみください。

日程
2017年02月25日 (土)15:00 開演(14:00開場)
会場
コンサートホール
曲目
ヘンデル(鈴木優人編)/水上の音楽より「アラ・ホーンパイプ」
J.S.バッハ(鈴木優人編)/パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
モーツァルト/セレナード第10番 変ロ長調「グラン・パルティータ」より(1,3,7楽章)
R.シュトラウス/13管楽器のためのセレナーデ
新垣隆/委嘱作品(世界初演)
ラヴェル(真島俊夫編)/バレエ音楽『ダフニスとクロエ』第2組曲
出演
指揮:鈴木優人
吹奏楽:芸劇ウインド・オーケストラ
プロフィール
鈴木優人(指揮)/Masato Suzuki, Conductor
鈴木優人

© Marco Borggreve

鍵盤奏者(チェンバロ、オルガン、ピアノ)及び指揮者としてバッハ・コレギウム・ジャパンや横浜シンフォニエッタはじめ国内外の公演に多数出演。その演奏は「火花が散るほど熱くて説得力のある演奏」(独フォノ・フォラム誌)と評され、チェンバロソロ CD「rentontre」は各紙で絶賛される。新国立劇場《ポッペアの戴冠》、東京・春・音楽祭でのワーグナー作品の演出、ハクジュホールでのラモー作品の演出・指揮、調布音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、九大フィル初代ミュージック・アドバイザーを務めるなど、公的フェスティヴァルや機関から信頼され、各方面から大きな期待が寄せられている。音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開し、NHK制作の『アンサンブル・ジェネシス~光と影~』が好評を博す。また作曲家としても数々の委嘱を受けると同時に、J.S.バッハ BWV 190喪失楽章の復元や(Carus)、モーツァルト『レクイエム』の補筆・校訂が高い評価を得る。2015年2月まで首席指揮者を務めた横浜シンフォニエッタとは定期演奏会、サントリーホールのオープンハウス等で定期的に共演を重ねている。今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンではBCJのマタイ受難曲を指揮、大好評を博した。2015年11月には東京芸術劇場開館25周年記念コンサートで、芸劇ウインド・オーケストラと小出稚子のウィンド・アンサンブルのための《玉虫ノスタルジア》とストラヴィンスキー(R.アールズ編曲)の組曲《火の鳥》吹奏楽版全曲(1919 年版)を共演。また、東京交響楽団とメシアンのトゥーランガリラ交響曲を共演する。オランダ生まれ。東京藝術大学作曲科及び同大学院古楽科、ハーグ王立音楽院オルガン科及び即興演奏科修了。
鈴木優人オフィシャル・ホームページ http://suzukimasato.com/

芸劇ウインド・オーケストラ(吹奏楽)/Geigeki Wind Orchestra
芸劇ウインド・オーケストラ

© Hikaru.☆

東京芸術劇場が2014年度から開始したプロフェッショナル演奏家育成事業。
演奏技術向上のためのレッスンは東京佼成ウインドオーケストラ、プロの演奏家としてのキャリアアップゼミは上野学園大学の協力により、多彩なプログラムを通じ若手音楽家を支援する公立文化施設では珍しい音楽家育成事業である。
毎年年末にアンサンブル演奏会、年度末に定期演奏会を開催。
2015年11月には「東京芸術劇場開館25周年記念コンサート」の第2部に出演し、フレッシュな熱演で聴衆を魅了した。

新垣隆(作曲)/Takashi Niigaki, Composer
新垣隆

© NEUES AKKORD

1970年、東京に生まれる。4歳よりピアノを始め、ヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。
幼少期にショパンの《幻想即興曲》に憧れ、10歳のころにドビュッシーやストラヴィンスキーに影響を受ける。14歳で《ピアノソナタ1985》を作曲。
千葉県立幕張西高等学校音楽科に進み、自作の曲をアマチュア・オーケストラが演奏して自分で指揮するという機会を得てドビュッシーや武満徹的要素を交えた曲をつくる。
1989年桐朋学園大学音楽学部作曲家科に入学。在学中、若き同士による型破りな音楽に視覚的な要素を加えた演奏会「冬の劇場」に参画。
同学科を卒業後、作曲家・ピアニストとして多岐にわたり精力的に活動する。
ピアニストとしては幾多の演奏家たちと共演する他、サイレント映画に即興的な曲をつけて演奏する公演も数多くこなす。
作曲家としては昭和期における作曲家たちの研究に従事し、現代音楽を主体としつつ幅広いジャンルの作曲を手掛け、映画やCM音楽制作にも携わっている。
最近の主な作品として、ヴァイオリンソナタ《創造》、ピアノ協奏曲《新生》、交響曲《連祷-Litany-》などがある。
2013年度まで母校の非常勤講師を約20年にわたり務め、2014年2月、佐村河内守氏のゴーストライターを18年間務めていた事を懺悔告白。
「交響曲第一番HIROSHIMA」「ヴァイオリンの為のソナチネ嬰ハ短調」等の作曲家として知られることになる。 テレビ・ラジオ番組への出演も多数。
作曲を南聡氏、中川俊郎氏、故・三善晃氏、ピアノを故・森安耀子氏らに師事。

チケット料金
全席自由 2,000円
※未就学児入場不可
※やむを得ぬ理由により曲目等変更の可能性がございますのでご了承ください。
※団体割引あり(10名以上) 03-5391-2117までご相談ください。
発売日
一般発売 12月7日(水)
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC) http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

<チケットぴあ>
・0570-02-9999(24時間・音声自動応答 Pコード:315-674)
http://pia.jp/t/
・各チケットぴあ店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

<イープラス>
http://eplus.jp/
・ファミリーマート店内 Famiポート

<ローソンチケット>
・0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
・0570-084-003(音声自動応答 Lコード:34038)
http://l-tike.com
・ローソン、ミニストップ店内 Loppi

<東京文化会館チケットサービス>
・03-5685-0650 (休館日を除く10:00~19:00)
http://www.t-bunka.jp/

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00-19:00)
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:東京佼成ウインドオーケストラ、上野学園大学
助成:文化庁ロゴマーク平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

東京2020 応援マーク

芸劇ウインド・オーケストラ第3回演奏会は、「東京2020文化オリンピアード」として、実施されます。
東京2020文化オリンピアードは、東京2020大会の開催に向け、文化芸術の力で地域を活性化し、若者の参画促進や創造性を育むことで、2020年から先の未来に日本や世界の文化を継承していくことを目指しています。

▲ページトップへ