HOME > 公演情報_音楽 > N響JAZZ at 芸劇

N響JAZZ at 芸劇

N響JAZZ at 芸劇

上質なN響サウンドでお届けするシンフォニックジャズ・ライブ

そもそもシンフォニックジャズとは、ジャズの影響を受けた表現を伴う管弦楽曲のことで、クラシック音楽のジャンルの一つである。
現在でこそ『クラシック音楽には譜面という“形”があり、ジャズ音楽には即興という“自由”がある』とされているが、20世紀初頭までは即興演奏はクラシック音楽でも広く行われていた。バッハやベートーヴェン、モーツァルトといった大作曲家はもちろん、ショパンも即興演奏を得意としていたのは有名な話である。
その後、ジャズ音楽の発展に伴い、即興という“自由”はクラシック音楽からジャズ音楽へ次第に受け継がれたが、ガーシュウィンを筆頭にその“自由”が回帰され、クラシック音楽本来の即興性が近年再び注目されている。

クラシックだけではなくジャズにも精通し、バーンスタインにも師事した指揮者ジョン・アクセルロッドのもと、3回目の開催となる2017年は、バーンスタインの代名詞でもある『ウエストサイド物語』の「シンフォニックダンス」や、ジャズのスタンダードナンバーでもある「二人でお茶を」をショスタコーヴィチがオーケストラ用に編曲した『タヒチ・トロット』等を演奏する。
ソリストは、ジャズ以外にもクラシック・ラテン・ポピュラーと多彩な活躍を見せる塩谷哲を迎え、ショスタコーヴィチの「ジャズ組曲第一番」とチック・コリアの代表作の一つ「ラ・フィエスタ」を披露する。
真夏の夜、“形”と“自由”の美しいバランスから形成されるシンフォニックジャズを是非体感してほしい。

日程
2017年08月19日 (土)17:00 開演(ロビー開場16:00)
会場
コンサートホール
曲目
ショスタコーヴィチ/二人でお茶を (タヒチ・トロット) Op.16
ショスタコーヴィチ/ジャズ組曲 第1番
チック・コリア/ラ・フィエスタ
バーンスタイン/『オン・ザ・タウン』より 「3つのダンス・エピソード」
バーンスタイン/『ウエストサイド物語』より 「シンフォニック・ダンス」
出演
指揮:ジョン・アクセルロッド
ピアノ:塩谷哲
管弦楽:NHK交響楽団
チケット料金
全席指定
SS席7,000円 S席 6,200円 A席 5,400円
B席 4,600円 C席 3,800円 D席 3,000円
※全席指定
※未就学児入場不可。
※やむを得ぬ事情により出演者、曲目等が変更になる場合がございますのでご了承ください。
発売日

【芸劇WEB先行発売】
2017年4月8日(土)10:00~4月21日(金)23:59

【一般発売】
2017年4月22日(土)10:00~

チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296
   (休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC)
     http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
     ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

<チケットぴあ>
・0570-02-9999
 (24時間・音声自動応答 Pコード:327-165)
http://pia.jp/t/geigeki/
・各チケットぴあ店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

<イープラス>
http://eplus.jp/
・ファミリーマート店内 Famiポート

<ローソンチケット>
・0570-000-407
 (オペレーター対応10:00~20:00)
・0570-084-003
 (音声自動応答 Lコード:32759)
http://l-tike.com
・ローソン、ミニストップ店内 Loppi

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援:米国大使館
協力:サントリーホールディングス株式会社

▲ページトップへ