HOME > 公演情報_音楽 > バイエルン放送交響楽団

東京芸術劇場 海外オーケストラシリーズ

バイエルン放送交響楽団

バイエルン放送交響楽団

現代オーケストラ芸術の極み!! 巨匠&世界最高峰の楽団

歴史的名演の予感!

日程
2018年11月22日 (木)19:00 開演(18:00ロビー開場/18:20開場)
会場
コンサートホール
曲目
マーラー/交響曲第7番 ホ短調 「夜の歌」
出演
指揮:マリス・ヤンソンス
管弦楽:バイエルン放送交響楽団
プロフィール
マリス・ヤンソンス(首席指揮者) Mariss Jansons, Chefdirigent
マリス・ヤンソンス

© Peter_Meisel(BR)

現代の指揮界において、ヤンソンスの放つ存在感は際立っている。03/04年シーズンからバイエルン放送交響楽団および合唱団の首席指揮者。クーベリック、C.デイヴィス、マゼールに続き、同楽団で5代目の首席指揮者にあたる。日本にも度々来日し、2012年にはサントリーホールにて、ベートーヴェンの交響曲全曲演奏会を行い、絶賛を博した。なお、彼は04年~15年までアムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者も務めた。
1943年、指揮者アルヴィド・ヤンソンスの子としてラトヴィアの首都リガに生まれた。レニングラード音楽院を優秀な成績で卒業。その後、ウィーンでスワロフスキー、ザルツブルクでカラヤンに師事し、71年カラヤン財団主催の指揮者コンクールに入賞。72年、レニングラード・フィルを率いるムラヴィンスキーの助手となった。以来、同楽団(現サンクトペテルブルグ・フィル)との密接な関係を保っており、99年まで常任指揮者に名を連ねた。79年から2000年まで長きに亘って首席指揮者を務めたオスロ・フィルは、まさに彼の力によって世界トップレベルのオーケストラへと変貌を遂げた。ヤンソンスはこのほか、ロンドン・フィル首席客演指揮者(92-97)とピッツバーグ響音楽監督(97-04)を歴任している。また客演指揮者としては、世界中の主要オーケストラを網羅。ニューヨーク・フィル、フィラデルフィア管、クリーヴランド管、シカゴ響、ボストン響、イスラエル・フィル、ロンドン響、ドレスデン国立歌劇場管などがその一例だが、とりわけ関係が深いのはウィーン・フィル、ベルリン・フィルの両楽団であり、本拠地での客演のみならず、ヨーロッパ、米国、日本のツアーでもステージを共にしており、ベルリン・フィルからは2018年に名誉団員の称号を贈られている。
レコーディングは、EMI、ドイツ・グラモフォン、ソニー、BMG、シャンドス、サイマックスの各レーベルに行い、ベートーヴェンからヴァイルに至る膨大な作品を取り上げた彼の録音は、多くが権威ある賞に輝いている。

バイエルン放送交響楽団
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
バイエルン放送交響楽団

© BR Markus Dlouhy

バイエルン放送交響楽団は、1949年、オイゲン・ヨッフムによって創設されて以来、瞬く間に世界に名をとどろかすオーケストラへと発展した。オーケストラの歴史は、歴代の首席指揮者(ヨッフム、クーベリック、コリン・デイヴィス、マゼール)と密接に結びついており、常に同合唱団の首席指揮者も兼任してきた。03年10月より、団員の圧倒的支持によって選ばれたマリス・ヤンソンスが首席指揮者に就任。オーケストラと指揮者双方にとって幸せな時代の幕が明けた。ヤンソンスは、就任直後から極めて高い芸術的水準を維持しつつ、団員との親密な関係を創り出し、ひいては彼自身の大きな成功へとつながった。バイエルン放送響は09年9月以来、バイエルン放送自主制作レーベル”BR-Klassik”にCDやDVDを収録してきた。録音には、マーラーの交響曲第7番、ブルックナーの交響曲第7番、ハイドンの「ハーモニー・ミサ」(DVDにも収録)などがある。
同オーケストラは、さまざまなオーケストラの人気ランキングにおいて、世界のベスト10に選ばれている(2006年度ル・モンド・ド・ラ・ミュジーク誌、2008年度レコード芸術誌、およびグラモフォン誌)。

チケット料金

全席指定・税込

S席 34,000円
A席 28,000円
B席 22,000円
C席 16,000円(完売)
D席 9,000円(完売)

※未就学児入場不可。

※やむを得ぬ事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。

※公演中止以外のいかなる場合でも、チケットのキャンセルはいたしかねます。

※開演時間に遅れますと、しばらくの間ご入場いただけない場合や、自席にご案内できない場合がございますのでご了承ください。

発売日
一般発売:2018年5月20日(日)10:00~
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB http://www.geigeki.jp/t/

※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【ジャパン・アーツぴあ】

・03-5774-3040

【その他プレイガイド】

<チケットぴあ>

・0570-02-9999 (24時間・音声自動応答 Pコード:110-789)

・各チケットぴあ店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

<イープラス>

・ファミリーマート店内 Famiポート

<ローソンチケット>

・0570-000-407 (オペレーター対応10:00~20:00)

・0570-084-003 (音声自動応答 Lコード:31379)

・ローソン、ミニストップ店内 Loppi

お問合せ
ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
主催:ジャパン・アーツ

提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

後援:ドイツ連邦共和国大使館

▲ページトップへ