HOME > 過去の公演 > 英国オールド・ヴィック劇場 エデュケーション部門ディレクターによる ―社会の課題に向き合う演劇ワークショップ―

日本演出者協会×東京芸術劇場 共催

英国オールド・ヴィック劇場 エデュケーション部門ディレクターによる ―社会の課題に向き合う演劇ワークショップ―

日程
2016年11月21日 (月) ~11月27日 (日) ※24日(木)はお休み
会場
シンフォニースペース、リハーサルルームL(27日のみ)
講師
シャロン・カノリック Sharon Kanolik
シャロン・カノリック

オールド・ヴィック劇場エデュケーション&コミュニティ部門代表、脚本家。シャロンは市民参加型のアート・プロジェクトを10年以上にわたってプロデュースしており、その活動を、オールド・ヴィック劇場やヤング・ヴィック劇場を中心に、バービカン劇場やトライシクル劇場など、ロンドンの主だった公共劇場で展開している。特に、メンタル面で問題を抱える青少年や難民など、マージナルな位置に身を置く人々に向けたアート活動に力を注いでいる。

スチュワート・メルトン Stewart Melton
スチュワート・メルトン

カンパニー・オブ・エンジェルズ アソシエイト・アーティスト、元サザーク・プレイハウス ユース&コミュニティ部門ディレクター、劇作家、演出家、ドラマトゥルグ。
スチュワートはヤング・ヴィック劇場やサザーク・プレイハウス、ユニコーンシアターなどで長年にわたってエデュケーション事業を担当しており、青少年やその家族とともに創作ワークショップや劇作、ストーリーテリング・ワークショップなどを実施している。その活動においては小中学校の普通クラスだけでなく、失読症や学習障害のある子どもたちをスタッフとして迎え、特別支援教室の生徒との創作も積極的に展開している。

内容・スケジュール
<ワークショップ>

申込締切:11月11日(金) 定員:各回20名(応募者多数の場合は選考あり)

■ ワークショップA (2日間連続)
11月21日(月)、22日(火)13:30~16:30
青少年や市民との創作ワークショップ
ディバイジング/ライティング・コラボレーション

※「ディバイジング」…既存の戯曲を用いず、演出家、劇作家、俳優らが集団で作品をつくる手法。

■ ワークショップB
11月23日(水・祝)13:00~18:00
特別支援教室の子どもたちとのワークショップ・ファシリテーション
■ ワークショップC
11月25日(金)13:30~16:30
移民・難民に向けた演劇ワークショップによるアプローチについて
■ ワークショップD
11月26日(土)13:00~18:00
ストーリーテリング・パフォーマンス
■ ワークショップE
11月27日(日)10:30~13:30
アンサンブル・ムーブメント
<レクチャー>
■ レクチャーA
11月21日(月)18:30~21:00
「ヤング・ヴィック劇場&オールド・ヴィック劇場のエデュケーション・プログラム紹介」

■ レクチャーB
11月22日(火)18:30~21:00
「クリエイティブなアウトリーチ ~多様な文化的背景を持つ新規参加者を巻き込むには~」
■レクチャーC
11月25日(金)18:30~21:00
「メンタルケアを必要とする参加者のための演劇ワークショップ・ファシリテーション」
■ レクチャーD
11月27日(日)15:30~18:00
「ワークショップの評価方法」
主催:文化庁ロゴマーク文化庁/一般社団法人 日本演出者協会
共催:東京芸術劇場 (公益財団法人東京都歴史文化財団)