HOME > 過去の公演 > エル・システマ作曲教室

エル・システマ作曲教室 自分が好きな「音」を見つけよう!

日程
2017年07月02日 (日)11:00~13:00
会場
東京芸術劇場 シンフォニースペース(5階)
スケジュール

演奏家がいろいろな音を出し、作曲家がその音を表す楽譜の書き方をデモンストレーション(30分)

自分の好きな音を五線紙に書く。(1時間)

演奏家による作品演奏と作曲家による講評(30分)

講師
藤倉大(作曲家) 東野珠実(笙奏者)
プロフィール
藤倉大
藤倉大

1977年大阪生まれ。15歳で渡英し、エドウィン・ロックスバラ、ダリル・ランズウィック、ジョージ・ベンジャミンに師事。数々の作曲賞を受賞。ザルツブルグ音楽祭、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、バンベルク響、シカゴ響、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シモン・ボリバル響、アルディッティ弦楽四重奏団等から委嘱され、国際的な共同委嘱もますます増えている。これまでに、ブーレーズ、エトヴェシュ、ノット、ドゥダメル、アルミンク、リープライヒ、井上道義、山田和樹らが藤倉の作品を初演・演奏している。2014年4月、名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスに就任。2015年3月には、シャンゼリゼ劇場、ローザンヌ歌劇場、リール歌劇場の共同委嘱によるオペラ「ソラリス」がシャンゼリゼ劇場にて世界初演され、現地メディアからの評価も高い。2017年の活動としては、5月に東京芸術劇場で開催された大型現代音楽イベント「“Born Creative” Festival 2017」で、アーティスティック・ディレクターを務めたほか、9月には、オーケストラのための『グローリアス・クラウズ』(名フィル、WDR交響楽団、イル・ド・フランス管弦楽団共同委嘱)の世界初演が控えている。録音も多数。楽譜はリコルディ社から出版されている。Minabel Recordsを主宰。

東野珠実
東野珠実

© Kayako Asai

1989年より国立劇場主催公演に参加。雅楽古典から現代音楽にいたる様々なジャンルの創作・演奏に携わる異色の楽人。Yo-Yo MA 主宰The Silk Road Project、CCMIX (Centre de Creation Musicale Iannis Xenakis in Paris)に招聘されるなと゛、国内外で活動。ISCM、ICMC、国立劇場作曲コンクール第一位・文化庁舞台芸術創作奨励特別賞、日本文化芸術奨励賞等、作曲および笙の演奏を通じ国内外にて受賞多数。HERMES Tokyo Opening、JAXA 宇宙ダンス プロジェクト『HITEN』等で音楽担当。1999 年より坂本龍一氏の作品録音に参加。その他参加 CD は John Cage『Two3, Two4』全曲録音、『Scenes of Spirits』など。"Breathing Media Arts"、"From The Eurasian Edge”を展開。雅楽団体伶楽舎に所属。

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

共催:一般社団法人エル・システマジャパン

特別協賛:LVMHモエ ヘネシー・ルイ・ヴィトン・グループ