HOME > 公演情報_イベント・講座等 > 障害とパフォーミング・アーツ シンポジウム

障害とパフォーミング・アーツ シンポジウム 多様で豊かな舞台芸術の創造をめざして

障害とパフォーミング・アーツ シンポジウム

障害のある人々と舞台芸術作品を創造する国内外3つの先駆的グループが集結!

障害のある人々との身体表現活動を継続的に行うグループは、どんな思いから、何を目指し、どんな活動を展開してきたのでしょうか。どのようにして舞台芸術作品を創造してきたのでしょうか。そして、その成果は?浮かび上がる課題は?
ストップギャップ・ダンスカンパニー、じゆう劇場、みんなのダンスフィールド~それぞれに特色ある先駆的なグループの経験から学びを得つつ、誰もが地域で身近に、思い思いの身体表現活動に親しむことのできる環境の整備をめざして、一緒に考えてみませんか。
※手話通訳付

日程
2019年03月06日 (水)15:00-18:00
会場
シンフォニースペース(5階)
登壇
柴田翔平 中島諒人 西洋子
プロフィール
柴田翔平(しばた しょうへい)

ストップギャップ ダンスカンパニー エクゼクティブ・プロデューサー
幼少よりTVや映画、舞台などに出演。1995年より渡英。2005年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、アーツカウンシル・イングランド勤務。08年よりストップギャップ ダンスカンパニーに参加し、アウトリーチ事業、ダンスプロジェクトなどに携わる。09年にスタートさせた屋外プロジェクトがロンドン・オリンピック・パラリンピックの文化プログラムへと発展、大成功を収めた。

中島諒人(なかしま まこと)

演出家 鳥の劇場芸術監督
1966年生まれ。90年東京大学法学部卒業。東京での劇団主宰、静岡県舞台芸術センターを経て、2006年鳥取で「鳥の劇場」をスタート。芸術的価値の追究と普及活動を両輪に、地域振興や教育分野にも関わる。2003年利賀演出家コンクール最優秀演出家賞。07年鳥取市文化賞。10年芸術選奨文部科学大臣新人賞。15年鳥取県文化功労賞。BeSeTo演劇祭日本委員会代表。

西洋子(にし ひろこ)

NPO法人みんなのダンスフィールド理事長 東洋英和女学院大学教授
お茶の水女子大学・同大学院で舞踊学、舞踊教育学とモダンダンス、コンテンポラリーダンスを学んだ後、子どもの創造的な身体表現、精神科入院病棟での身体表現、コミュニティでのインクルーシブダンス等、肢体不自由・精神・発達・視覚・聴覚障害等の人々を含む多様な人々との共創表現の研究と実践を継続。博士(学術)。

料金
500円(税込・事前申込制)
※参加日にお支払いただきます。
お申込方法

件名を「3月6日シンポジウム参加希望」として
本文に下記①~④をご記入の上、seminar#geigeki.jp(#は半角の@に置き換えてください)までご送信ください。

①氏名(ふりがな)
②ご所属(あれば)
③メールアドレス
④当日連絡用電話番号

※こちらからの返信をもってご予約完了となります。受信制限をされている方は、当メールアドレスからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

※手話通訳ご希望の場合は、2月25日(月)までにお申込みください。

※お申込の際にご提出いただく個人情報は、本シンポジウム以外の目的には使用いたしません。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

協力:社会福祉法人愛成会
世田谷パブリックシアター

▲ページトップへ