HOME > 過去の公演 > 東京ELECTROCK STAIRS Vol.9

芸劇dance

東京ELECTROCK STAIRS Vol.9 グループ作品& KENTARO!!ソロ(2本立て)

東京ELECTROCK STAIRS Vol.9

―――――自分の名前に自信を持つように。私、改名しない。

今回の単独公演ではグループ、ソロの2本立てを発表します。今、何を表現すべきなのかを考えた結果そうなりました。女性五人で確かなダンスを長編で、僕のソロは1月に行った<ひとびとひとり>とは違ったアプローチを考えています。一緒に楽しめたらと思いますので、すっぽり時間空きましたらお願いします。                                <KENTARO!!>

 

グループ作品 『銀色テンポラルの中で鳴く』

緩やかな坂を上がったり、下がったりする。折角の祈りなので、無駄にしたくない。

そんな過去にも現在にも振り回されない、おそらく5人の物語。

 

KENTARO!! ソロ 『MAKE IT futten』

自然とは程遠いポツンとしたエモーション。不思議と今は、ゆっくりと見渡すことが出来る。

日程
2014年05月21日 (水) ~2014年05月25日 (日)
ステージ数
7ステージ
会場
シアターイースト
振付・音楽

KENTARO!!

出演

横山彰乃 高橋萌登 服部未来 泊麻衣子 田代理絵 / KENTARO!!(ソロ)

プロフィール
KENTARO!!
レナード・スラットキン

© 大洞博靖

ダンサー/振付家 東京ELECTROCK STAIRS主宰

HIPHOPを中心としたテクニックをベースとしながらも、既存のスタイル化されたものからかけ離れた独自の表現を実践。自ら作る音源と曖昧にシンクロしながら、意味のある、なしをトコトン織り交ぜている。物語的ダンスを目指し、精力的に「想い」と「踊り」を発信中。2008年横浜ダンスコレクションR「若手振付家のための在日フランス大使館賞」トヨタコレオグラフィーアワード2008「オーディエンス賞」「ネクステージ特別賞」受賞。2010年には「日本ダンスフォーラム賞」を受賞。この年よりセゾン・ジュニアフェローを受ける。海外からの招聘も多数あり、またソロとしては稀なロングランを行うなど様々な場所で気持ちを発信している。

WEB  http://www.kentarock.com/

東京ELECTROCK STAIRS
東京ELECTROCK STAIRS

© 大洞博靖

 

純ダンスを前提とした豊富なバリエーションとKENTARO!!が作り出すオリジナル音源を駆使して、日常的でありながらも不思議な世界観を作り出す次世代型ダンスカンパニー。2008年12月旗揚げ以降、毎年単独公演を行い、これまでに長編7作+短編2作を発表。2011年6月シアタートラムにて「届けて、かいぶつくん」、12月には同作にて単独としては初のドイツ3都市ツアーを成功させた。2013年1月にはNYでのショーケースがNYTimesに批評が掲載され称賛された。とりとめのない想いをダンスに滲ませ <君の胸に届く、そして突き抜ける>をモットーに突き進む。

WEB http://www.tokyoelectrock.com/

協賛:TOYOTA創造空間プロジェクト

協力:シバイエンジン

助成:公益財団法人セゾン文化財団

提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

主催:KENTAROCKERS