HOME > 過去の公演 > 自作自演<第14回>

芸劇+トーク 異世代作家リーディング

自作自演<第14回>

日程
2016年10月09日 (日)18:00 開演(17:30開場)
ステージ数
1
会場

シアターイースト
※9/30(金)から上演するRooTS Vol.4「あの大鴉、さえも」の同舞台上にて開催します。

出演

竹内銃一郎(劇作家・演出家)×ノゾエ征爾(劇作家・演出家・俳優)



【朗読作品】
竹内銃一郎
「氷の涯」(1998年 東京乾電池にて上演)抜粋
「ちゃんとやれタケウチ」わたしのブログ「キノG語録」2015年10月8日分
「あなたに会ったことがある・4」(今年の3月にMODEにて上演)ラストシーン

ノゾエ征爾
「未発表戯曲集~陽の目をまだ見ぬこどもたち、およびこのまま見なかったかもしれなかったこどもたち~」(予定)

※内容は変更になる場合がございますので、ご了承ください。

プロフィール
竹内銃一郎
竹内銃一郎

1947年 愛知県生まれ。1969年 早稲田大学第一文学部中退。 2000年4月~近畿大学文芸学部(舞台芸術専攻)教授。(~2014年3月) <公演活動> 1970年より、故・大和屋竺氏の下でピンク映画のシナリオ数本を書くも、いずれも映画化叶わず1976年 故・沢田情児、西村克己(現 木場勝己)と、斜光社を結成。旗揚げ作品は、『少年巨人』。1979年『Z』の公演をもって解散。1980年 木場、小出修士、森川隆一等と劇団秘法零番館を結成。旗揚げ作品は、『あの大鴉、さえも』。1989年、『ひまわり』の公演をもって解散。1989年佐野史郎とのユニットであるJIS企画、東京乾電池、狂言師・茂山正邦らとの「伝統の現在’」シリーズ等、さいたま芸術劇場他の公共ホール等で、公演活動を展開。 2008年勤務していた近畿大学・舞台芸術専攻の学生とDRY BONES結成。旗揚げ作品は、『帰れない二人』(作 井上佐藤)。2013年に解散。<受賞歴>1981年『あの大鴉、さえも』にて、第25回岸田國士戯曲賞。1996年『月ノ光』にて、第47回読売文学賞(戯曲・シナリオ賞)『月ノ光』の作・演出にて、第30回紀伊國屋演劇賞・個人賞読売演劇大賞優秀演出賞(『月ノ光』、『氷の涯』等5作品の演出成果)1998年 『今宵かぎりは ……』、『風立ちぬ』にて、第49回芸術選奨文部大臣賞

ノゾエ征爾
ノゾエ征爾

劇団「はえぎわ」主宰。1975年岡山県生まれ。8歳までアメリカで過ごす。1999 年、松尾スズキ氏のゼミを経て、青山学院大学在学中にユニット「はえぎわ」を立ち上げ、2001 年に劇団化。全作品の作・演出を手がける。映画やテレビドラマに俳優としても出演するほか、外部公演にも脚本家、演出家、俳優として多数参加。広島や静岡など地方での長期滞在創作や、高齢者施設巡回公演(世田谷パブリックシアター@ホーム公演)など、幅広く活動している。近年の作品に、新国立劇場「ご臨終」(演出)、東京芸術劇場「気づかいルーシー」(脚本・演出)、PARCO劇場「ボクの穴、彼の穴。」(翻案・脚本・演出)など。今後は、プロペラ犬「珍渦虫」10月27日〜11月8日下北沢ザ・スズナリ出演、「1万人のゴールド・シアター2016」12月7日さいたまスーパーアリーナの脚本、演出が控えている。2012年、「〇〇トアル風景」で第56回岸田國士戯曲賞受賞。

企画制作:東京芸術劇場

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:文化庁ロゴマーク平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業