HOME > 公演情報_演劇・ダンス > 鳥公園♯15『終わりにする、一人と一人が丘』

eyes plus

鳥公園♯15『終わりにする、一人と一人が丘』

鳥公園♯15『終わりにする、一人と一人が丘』

宣伝美術:鈴木哲生

「終わりにすること」について、三世代の家族をめぐる物語――西尾佳織が作・演出を務める最終公演

――家族なんて捨ててもいいんだよ。
――僕に、そうして欲しいって言ってるの?
――そうして欲しいって言ったらそうするの?

世界が並んで三つある――マッチングアプリで出会ったカップル、アパートのベランダから遠くを見ている女、職場の待機部屋でとりとめない話をする二人。
カップルの男女は、自分をいいものだと思えていない。相手の求める形にはまろうとして、そぐえない。しかし二人は、相手と一緒にいることで、埋もれて見えなくなっていた自分の傷を発見する。そうしてそれぞれで、互いに一緒に、自由になる。
わたしの与り知らぬところで生み出され、引き継がれる負の遺産があって、でも人はそれをやめられる。終わりにできる。わたしたちは一人になって、一人と一人でささえ合える。

城崎国際アートセンターでの滞在執筆、名古屋、静岡、東京でのリーディング公演を経て、2年ぶりの新作で鳥公園がシアターイーストに初登場!

日程
2019年11月21日 (木) ~11月24日 (日)
会場
シアターイースト
作・演出
西尾佳織(鳥公園)
出演
石川修平(劇団俳優座) 菊沢将憲 鳥島明(はえぎわ) 
花井瑠奈 布施安寿香(SPAC) 和田華子(青年団)
プロフィール
鳥公園

作・演出の西尾佳織が2007年7月に結成。「正しさ」から外れながらも確かに存在するものたちに、少しトボケた角度から、柔らかな光を当てようと試みている。「存在してしまっていること」にどこまでも付き合おうとする演出が特徴。東京を拠点に活動しつつ、様々な土地での滞在制作も積極的に行っている。近年は「鳥公園のアタマの中展」等の企画で創作プロセスも積極的に公開し、戯曲と上演/作品と観客の新たな関係を開拓。2014年に『カンロ』、2018年に『ヨブ呼んでるよ』にて、岸田國士戯曲賞にノミネート。

公演スケジュール
11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21

19:30

22

14:00

19:30★

23

14:00▲

19:30

24

14:00

25 26 27 28 29 30

★:ポストパフォーマンストーク開催(ゲスト:鳥山フキ(ワワフラミンゴ))

※ポストパフォーマンストークの追加情報は、随時鳥公園Webサイトにてお知らせします。

▲:ビデオ撮影のため、場内にカメラが設置されます。予めご了承ください。

チケット料金

【一般発売】

全席自由(整理番号付)・税込
一般(前売) 3,500円
一般(当日) 3,800円
U25(前売) 3,000円
U25(当日) 3,300円
高校生(前売当日) 1,000円

※U25・高校生は公演当日要年齢証明書

※未就学児入場不可

※車いすで観劇をご希望の方は鳥公園までお問合せ下さい。

※【鳥ワワチケットセット】は販売を終了しました。

発売日

【一般発売】
2019年10月12日(土)10:00~

チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

スタッフ
舞台美術:中村友美
音響:中村光彩
音響操作:秋田雄治
照明:中山奈美
衣裳:清川敦子(atm)
舞台監督:熊木進
ドラマトゥルク:朴建雄
演出助手:島村吉人(人の味)
宣伝美術:鈴木哲生
制作:古川真央・谷陽歩・神林遥(合同会社syuz’gen)
お問合せ
鳥公園(合同会社syuz’gen)
TEL:03-4213-4290 FAX:03-4333-0878 E-mail:info.birdpark@gmail.com

主催・製作:鳥公園

提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:公益財団法人セゾン文化財団

協力:城崎国際アートセンター(豊岡市)
劇団俳優座、はえぎわ、エスアーティスト、SPAC-静岡県舞台芸術センター、青年団、六尺堂、atm、人の味

▲ページトップへ