channel
HOME > 芸劇ch_公演情報 > ヴェルディ/歌劇『ラ・トラヴィアータ』(椿姫)全幕

東京芸術劇場シアターオペラvol.13 全国共同制作オペラ

ヴェルディ/歌劇『ラ・トラヴィアータ』(椿姫)全幕
(日本語字幕付原語上演)

矢内原美邦(演出・振付) コメント

「椿姫」はこれまで数多くの演出家によって舞台化されてきました。そんな名作をオペラとはまるで無縁な作品を作ってきた私が演出することになって正直ビビっています。それでもこの作品は語る者、観る者によって世界のそれぞれの側面を見せてくれる懐の深い作品だとも思っています。この作品がいまもなお語り継がれる理由は音楽的な素晴らしさはもちろんのことですが、やはりいつの時代にも通ずる社会的な問題を孕んでいるからだと思います。原題「La traviata」は「道を踏み外した女」という意味です。ヒドイ言われようですが、彼女は自身の存在を認めてもらうために、正しいと思う道を生き抜いたまでだと思うのです。このヴィオレッタという私とは生まれも育ちもその境遇もなにもかも違う女性の生について、その死についてどう描くことができるだろうかと私は考えます。その時代をひとりの女性として、ひとりの人間として、その人生を全うしようとした彼女の生き様をしっかりと見つめ直したいと思います。

ヘンリク・シェーファー(指揮) コメント

今回、日本で初めてオペラを指揮します!
キャスト及びオーケストラの皆さんとのリハーサルを心待ちにしています。ヴィオレッタ役のエヴァ・メイさんは持ち前のテクニックを発揮し、役どころを魅力的に歌い上げると同時に、か弱さも表現してくれるでしょう。エネルギッシュで説得力のある声の持ち主である宮里直樹さんとご一緒できるのはとても嬉しく、ジェルモン役の三浦克次さんはベストな声域で素晴らしいアリアを歌ってくれますし、このオペラに出てくるすべてのキャラクターの持つそれぞれの性格の奥深さを充分に楽しんでいただけるでしょう。聴衆の皆さんとお会いできるのが楽しみです。

エヴァ・メイ(ヴィオレッタ) コメント

このたび、私に幸運と成功を授け、深い縁も感じている作品に出演するため、再び日本に参りますことを大変嬉しく思っております。
ヴィオレッタは、聴衆に愛され、また私たち表現者側からも愛されている役のひとつです。
劇場にいらしてくださる皆様、このまたとない機会に、ヴェルディの音楽とヴィオレッタ・ヴァレリーの物語を楽しんでいただけたら幸いです。

▲ページトップへ