HOME > 公演情報_音楽 > ボンクリ・フェス2017 スペシャル・コンサート > ボンクリ・フェス2017 デイタイム・プログラム

ボンクリ・フェス2017 デイタイム・プログラム
“Born Creative” Festival 2017

ボンクリ・フェス2017 デイタイム・プログラム

世界中の「新しい音」が聴ける 1day フェス!

ボンクリ・フェス2017のデイタイムには、赤ちゃんからシニアまでが楽しめる様々なプログラムを館内各所でおこないます。
シンフォニースペースの濃密な空間で世界の音楽に触れられるワークショップ・コンサートや、誰でも楽しめるアトリウム・コンサートなど、東京芸術劇場に「新しい音楽」が満ち溢れます。

日程
2017年05月04日 (木・祝)
会場
シンフォニースペース(5階)、アトリエイースト(地下1階)ほか館内各所
誰でも楽しめる! 無料プログラム

◆アトリウム・コンサート

雅楽、ホルン、三味線、ギター… ボンクリ精神あふれる音楽が東京芸術劇場の館内を駆け巡ります。いつ何が演奏されるかは、当日までのお楽しみ!

会場:館内各所

出演:アンサンブル・ノマド(現代音楽アンサンブル)
伶楽舎(雅楽アンサンブル)
福川伸陽(ホルン)
本條秀慈郎(三味線)
村治奏一(ギター) ほか

◆「リュック・フェラーリの部屋」

アクースモニウム(電子音響音楽の演奏装置)奏者として活躍する檜垣智也がデザインした音響空間で、フランス電子音楽の巨匠リュック・フェラーリの音楽をお聞きいただけます。

時間:11:00~18:00(入退場自由)
会場:アトリエイースト(地下1階)
監修:檜垣智也

※やむを得ぬ都合により、出演者や内容が変更になる場合がございます。

スペシャル・コンサートのチケットで楽しめる! ワークショップ・コンサート

同日17:30開演のスペシャル・コンサート、もしくはスクリームの部屋のチケットをお持ちのお客様は、ワークショップ・コンサートにお申込みいただけます。

会場:シンフォニースペース(5階)

◆A 11:00~「ポーリン・オリヴェロスの部屋」 演奏:クレア・チェイス

惜しくも昨年逝去したアメリカの女性アコーディオン奏者/作曲家ポーリン・オリヴェロスの音楽を、生前最も近い存在だったフルート奏者クレア・チェイスがワークショップ形式で紹介します。

◆B 12:30~「ペルー音楽の部屋」 演奏:イルマ・オスノ(協力:笹久保伸)

ペルー山岳地域の町に生まれ、羊飼いをしながら文化/音楽を自然に覚えた歌手イルマ・オスノが、アンデスで歌い継がれている美しい歌をワークショップ形式で紹介します。

◆C 14:00~「ノルウェーの部屋」 演奏:ヤン・バングニルス・ペッター・モルヴェル

エレクトロニカ・シーンを牽引する音楽家ヤン・バングとノルウェーの前衛トランペッター、ニルス・ペッター・モルヴェルが北欧ジャズ/エレクトロニカの魅力を紹介するコンサートです。

◆D 15:30~「三味線の部屋」 演奏:本條秀慈郎

若手実力派として注目を集める三味線奏者の本條秀慈郎が、伝統から現代まで三味線の魅力を紹介するコンサートです。

※各回約50分を予定。定員あり、事前申込制。

※すべて0才より入場可。未就学児には高校生以上の方のご同伴が必要です。

※やむを得ぬ都合により、内容が変更になる場合がございます。


プロフィール
アンサンブル・ノマド(現代音楽アンサンブル) Ensemble Nomad
アンサンブル・ノマド

© Maki Takagi

1997年、ギタリスト佐藤紀雄の呼びかけによって集まった無類の個性豊かな演奏家によって結成されたアンサンブル。「NOMAD」(遊牧、漂流)の名にふさわしく、時代やジャンルを超えた幅広いレパートリーを自在に採り上げ、斬新なアイディアやテーマによるプログラムによって独自の世界を表現するアンサンブルとして内外から注目されている。

伶楽舎(雅楽アンサンブル) Reigakusha
伶楽舎

雅楽の合奏研究を目的に1985年に発足。音楽監督・芝祐靖。発足以来、現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や現代作品の演奏にも積極的に取り組み、幅広い活動を続けている。CD『秋庭歌一具』は芸術祭レコード部門優秀賞受賞。解説を交えた親しみやすいコンサートを企画し、雅楽への理解と普及にも努め、小中高校生を対象としたワークショップ、レクチャーコンサートなども多く行っている。

福川伸陽(ホルン) Nobuaki Fukukawa
福川伸陽

NHK交響楽団ホルン奏者。ソリストとして、リサイタル、協奏曲演奏などを日本各地で行う。「ホルンのレパートリーの拡大」をライフワークとして、作曲家への委嘱活動や、珍しい室内楽の紹介を積極的に行っており、吉松隆、藤倉大、鈴木優人他多数の作曲家から作品を献呈されている。

本條秀慈郎(三味線) Hidejiro Honjo
本條秀慈郎

栃木県宇都宮市出身。本條秀太郎師に古典/現代音楽を師事し本條秀慈郎の名を許される。津軽三味線を長谷川裕翔氏に、三味線を故杵屋勝芳壽、本條秀太郎の各氏に師事。現代邦楽研究所修了。ニューヨークへ留学し、坂本龍一氏や藤倉大氏とのセッション、リサイタル等を展開。現在までに自主リサイタルを6回開催し、国内の他、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地でも演奏。三味線音楽の今を追求し続けている。

村治奏一(ギター) Soichi Muraji
村治奏一

幼少の頃より注目を集め、97年クラシカル・ギター・コンクール、98年スペイン・ギター音楽コンクール、第41回東京国際ギター・コンクールに続けて優勝。デビューCD「シャコンヌ」は、レコード芸術誌の特選盤に選ばれる。06年ワシントン・ケネディーセンター公演にて本格的な米国デビューを果たす。メディアへの登場も多くNHK「トップランナー」「J-MELO」を初めTV、ラジオに多数出演。

クレア・チェイス(フルート) Claire Chase
クレア・チェイス

© David Michalek

ニューヨーク・タイムズで「行き過ぎとも言いうるテクニック、幅広いスタイルと鋭い音楽性の持ち主」と賞賛され、現在最も革新的なフルート奏者として注目を集めている。過去10年で100曲以上の新曲を世界初演しており、その大半は彼女のために作曲されたもの。2001年にはインターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル(ICE)を設立。これまでに500以上の演奏会をプロデュースしている。

イルマ・オスノ(うた) Irma Osno
イルマ・オスノ

イルマ・オスノは12歳までケチュア語しか話さないアヤクーチョ県の小さな村に生まれ、羊飼いをしながらその土地の文化、音楽を自然に覚えた。日本に来るまでは伝承音楽の継承者(歌い手、ダンサー)として活動する高校教師だった。現在は大学でスペイン語講師をしながらアンデス文化の紹介をおこなっている。

ヤン・バング(エレクトロニクス) Jan Bang
ヤン・バング

音楽家、レコードプロデューサー。ノルウェー南部の町クリスチャンサンで育ち、同郷の音楽家エリック・オノレと音楽活動を始める。これまでにモートン・ハルケット、デヴィッド・シルヴィアン、ニルス・ペッター・モルヴェルらと共にアルバムを発表。2005年からはライブリミックスをコンセプトとした即興音楽祭「プンクト」を立ち上げ、現代ノルウェーで最も革新的な音楽家の1人として活躍している。

ニルス・ペッター・モルヴェル(トランペット) Nils Petter Molvaer
ニルス・ペッター・モルヴェル

© Peder Otto Dybvik

ノルウェー出身のジャズトランペッター、作曲家、レコードプロデューサー。1997年にECMから発表したアルバム『クメール』は、異色のサンプリングを多用したテクノやアンビエント色の濃いサウンドで注目を集めた。2001年のレーベル移籍後も、ジャズと電子音楽を融合させたフューチャー・ジャズのパイオニアとして作品を発表し続けている。2016年には最新アルバム『BUOYANCY』をリリース。

ワークショップ・コンサートお申し込み方法 【お申込みは終了いたしました】

【対象】
同日17:30開演のボンクリ・フェス2017 スペシャル・コンサート、もしくはスクリームの部屋のチケット購入者
※すべて0才より入場可。未就学児には高校生以上の方のご同伴が必要です。

【受付期間】※お申込みは終了いたしました。
一次募集:2017年4月3日(月)AM10:00~4月9日(日)
二次募集:2017年4月14日(金)AM10:00~4月20日(木) 
受付期間終了後、お申込み多数の場合は抽選を行います。

【お申込み方法】
お申込みはメールにて受付いたします。
下記お申込み用メールアドレスまで、件名を「ワークショップ・コンサート参加希望」とし、本文に必要事項をご明記の上お申込みください。

□お申込み用メールアドレス
born-ws#geigeki.jp
(#は半角の@に置き換えてください)

□メール件名
「ワークショップ・コンサート参加希望」

□必要事項
①氏名(ふりがな)
②人数
③参加したいワークショップ・コンサートの記号(A~D)
④「スペシャル・コンサート」チケット記載の座席番号
 または「スクリームの部屋」チケット記載の整理番号
⑤メールアドレス
⑥当日連絡の取れるお電話番号

※受信制限をされている方は、born-ws#geigeki.jp(#は半角の@に置き換えてください)からのメールを受信できるようご設定ください。

※お申込み多数の場合の抽選は、ワークショップ・コンサートごとに行います。

※お申込み時にいただく個人情報は、本企画以外の目的には使用いたしません。

【お申込み後の流れ】

1)お申込みメール送信後、こちらから自動で受信完了メールをお送りします。
※この段階では、ワークショップ・コンサートへのご参加は確定しておりません。
※受信完了メールが届かない場合は、お申込み用メールアドレスからのメール受信が可能な設定になっているかをご確認の上、東京芸術劇場ボックスオフィス(0570-010-296 休館日を除く10:00~19:00)までお問合せください。お問合せ後、追って担当より折り返しいたします。

2)二次募集受付期間終了後、ワークショップ・コンサートごとに抽選を行い、当選の方にのみ4月25日(火)までに当選通知メールをお送りいたします。
当日、受付にて通知メール画面、または画面の印刷をご提示いただきますので、メールは大切に保管をお願いします。

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:公益財団法人 花王 芸術・科学財団
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
文化庁ロゴマーク平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

▲ページトップへ