HOME > 公演情報_音楽 > ボンクリ・フェス2017

ボンクリ・フェス2017 “Born Creative” Festival 2017

ボンクリ・フェス2017

東京芸術劇場に、
世界中の新しい音が溢れかえる一日!

「ボーン・クリエイティヴ」、略して「ボンクリ」。
これは、「人間は皆、生まれつきクリエイティヴだ」という意味。

この「ボンクリ」は、大人になっても5歳の子供のままクリエイティヴでいる人達の作品を、0歳の子供から大人まで楽しめる新しい音楽に触れるためのイベント。演奏家と共に参加し、一緒に音楽を作るワークショップもあり、即興音楽もあり、日本の伝統音楽である雅楽も、エレクトロニクス(電子音楽)も、現代音楽アンサンブルもあり、ペルー音楽も、オーケストラ作品もある。丸1日、東京芸術劇場館内に「新しい音楽」が満ち溢れる。一生分、少なくとも1年分の“世界中の新しい響き”を堪能することができるまたとない機会。5月4日は是非芸劇へ!

藤倉大(作曲家/ボンクリ・フェス2017 アーティスティック・ディレクター)

<メッセージをすべて読む>

日程
2017年05月04日 (木・祝)
会場
コンサートホール、シンフォニースペース(5階)、アトリウムほか館内各所
デイタイム・プログラム
お昼から夕方までのプログラム。赤ちゃんからシニアまで楽しめるワークショップや無料コンサートを、館内各所で実施します。

■スペシャル・コンサートのチケットで無料! ワークショップ
「ペルー音楽の部屋」:イルマ・オスノ(協力:笹久保伸)
檜垣智也による「リュック・フェラーリの部屋」
ヤン・バング&ニルス・ペッター・モルヴェルによる「ノルウェーの部屋」
クレア・チェイスによる「ポーリン・オリヴェロスの部屋」 ほか

 ※詳しいスケジュール、参加方法は後日発表いたします。
※各部屋定員あり。都合により、内容が変更になる場合がございます。


■誰でも楽しめる! 無料アトリウムコンサート
出演:伶楽舎(雅楽アンサンブル)、福川伸陽(ホルン)、本條秀慈郎(三味線)ほか

 ※詳しいスケジュールは後日発表いたします。

スペシャル・コンサート(17:30開演)
コンサートホールでおこなう、一夜限りのスペシャル・コンサート。
即興音楽もあり、雅楽もあり、エレクトロニクス(電子音楽)もあり、オーケストラ作品もあり。脳内を刺激する「ボンクリ」音楽が一夜に集結!

【出演】アンサンブル・ノマド(指揮:佐藤紀雄)
伶楽舎
クレア・チェイス(フルート)
ヤン・バング(エレクトロニクス)
ニルス・ペッター・モルヴェル(トランペット)
小林沙羅(ソプラノ)
藤倉大(ピアノ&エレクトロニクス) ほか


【チケット料金】

全席指定 S席:3,000円 A席:2,000円

【発売日】

一般発売:2017年2月4日(土)

スペシャル・コンサートの聴きどころ!

藤倉大が幼少の頃から毎日のように聴いていた坂本龍一の名曲〈thatness and thereness〉を、藤倉が愛情を込めてオーケストレーションしたアンサンブル版の世界初演に加え、坂本の新作ライブ版世界初演を予定。大友良英の書き下ろし委嘱作品の世界初演、藤倉が人生で初めて聴いた現代音楽作曲家である武満徹の雅楽作品《秋庭歌一具》より〈秋庭歌〉、デヴィッド・シルヴィアンと藤倉との共同作曲が話題を生んだCDアルバム”died in the wool”からは小林沙羅による独唱でライブ版世界初演。ノルウェーのヤン・バングとニルス・ペッター・モルヴェルと藤倉による即興演奏、そしてクレア・チェイスをソリストに迎えての藤倉の〈フルート協奏曲〉など、脳内を刺激するまさに「ボンクリ」音楽が一夜に集結!

※プログラム等詳細は、後日発表いたします。
※都合により出演者・曲目等が変更になる場合がございます。

アーティスティック・ディレクター 藤倉大 Dai Fujikura
藤倉大

© Seiji Okumiya

1977年大阪生まれ。15歳で渡英し、エドウィン・ロックスバラ、ダリル・ランズウィック、ジョージ・ベンジャミンに師事に師事。ハダースフィールド国際音楽祭作曲家賞、ロイヤル・フィルハーモニック作曲賞、国際ウィーン作曲賞、パウル・ヒンデミット賞、尾高賞、芥川作曲賞、中島健蔵音楽賞、エクソンモービル賞をはじめ、数々の著名な作曲賞を受賞。ザルツブルグ音楽祭、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、バンベルク響、シカゴ響、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シモン・ボリバル響、アルディッティ弦楽四重奏団などから作品を委嘱され、国際的な共同委嘱もますます増えている。ブーレーズ、エトヴェシュ、ノット、ドゥダメル、アルミンク、リープライヒ、井上道義、山田和樹らが藤倉の作品を初演・演奏している。2015年3月にはシャンゼリゼ劇場、ローザンヌ歌劇場、リール歌劇場の共同委嘱によるオペラ「ソラリス」がシャンゼリゼ劇場にて世界初演され、現地メディアからの評価も高い。今後初演される作品として、ニューヨーク・フィルハーモニック、NHK交響楽団、アンサンブル・レゾナンツ共同委嘱による弦楽オーケストラ作品《Infinite String》、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントポール室内管弦楽団共同委嘱によるフルート協奏曲、トッパンホール15周年記念委嘱作品で、チェリストのジャン=ギアン・ケラスのためのチェロ・ソロ作品等が控えている。
録音は、NMC、commmons、KAIROSから作品集が、楽譜はリコルディ社から出版されている。
http://www.daifujikura.com

スペシャル・コンサート チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296 (休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC) http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(10:00~19:00)
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

▲ページトップへ