■19:00 KAJALLA#3 働けど働けど
■19:00 嗚呼いま、だから愛。
■14:00/ 19:00 フォトグラフ51
■10:00-17:30 第42回 日藝書展
■10:00-17:30 第42回 日藝書展
■11:00-18:00 第32回童心会書展 併催太田義久近作書展
HOME > 公演情報_演劇・ダンス

演劇・ダンス

嗚呼いま、だから愛。

モダンスイマーズ句読点三部作連続上演

嗚呼いま、だから愛。

日程:2018.04.19 Thu. -04.29 Sun.

三部作連続上演。作・演出としての意識を変えて創った三作です。
多くのものをもたらしてくれたと思っています。
もう一度この三作を検証して、次に進む方向を見つけたいと思っています。

蓬莱竜太

チケットはコチラ

酒と涙とジキルとハイド

酒と涙とジキルとハイド

日程:2018.04.27 Fri. -05.26 Sat.

ロバート・ルイス・スティーヴンソン原作小説「ジキル博士とハイド氏」を素材に、2014年、作・演出の三谷幸喜が二重人格者の悲劇を喜劇に仕立てた作品。

チケットはコチラ

図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの

イキウメ

図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの

日程:2018.05.15 Tue. -06.03 Sun.

イキウメ2018年春公演

チケットはコチラ

悲しみよ、消えないでくれ

モダンスイマーズ句読点三部作連続上演

悲しみよ、消えないでくれ

日程:2018.06.07 Thu. -06.17 Sun.

三部作連続上演。作・演出としての意識を変えて創った三作です。
多くのものをもたらしてくれたと思っています。
もう一度この三作を検証して、次に進む方向を見つけたいと思っています。

蓬莱竜太

TACT/FESTIVAL2018

TACT/FESTIVAL2018

日程:2018.06.29 Fri. -07.01 Sun.

今年で9回目を迎えるTACT/FESTIVAL(タクト・フェスティバル)。子どもも大人も楽しめるパフォーマンスを国内外から集めて上演します。

ブランカ・リー「Solstice(ソルスティス)――夏至/冬至」
劇団コープス「ひつじ」
ひびのこづえ×ホワイトアスパラガス×川瀬浩介「WONDER WATER」
田中泯「場踊り」

BOAT

BOAT

日程:2018.07.16 Mon. -07.26 Thu.

これからの演劇界を牽引していく逸材、マームとジプシー主宰の藤田貴大の待望の新作公演

モダンスイマーズ句読点三部作連続上演

死ンデ、イル。

日程:2018.07.20 Fri. -07.29 Sun.

三部作連続上演。作・演出としての意識を変えて創った三作です。
多くのものをもたらしてくれたと思っています。
もう一度この三作を検証して、次に進む方向を見つけたいと思っています。

蓬莱竜太

「十二夜」

オックスフォード大学演劇協会(OUDS)来日公演

「十二夜」

日程:2018.08.07 Tue. -08.08 Wed.

シェイクスピア演劇の本場である英国で、創設130年の歴史と伝統を誇るスチューデント・ドラマ・ソサエティ、オックスフォード大学演劇協会(OUDS)。2年ぶりの来日公演は「十二夜」を上演!
(英語上演・日本語字幕付き)

『贋作 桜の森の満開の下』

NODA・MAP第22回公演

『贋作 桜の森の満開の下』

日程:2018.09.01 Sat. -09.12 Wed. / 11.03 Sat. -11.25 Sun.

NODA・MAP第22回公演
あの”伝説の舞台”が甦る!

RooTS Series『書を捨てよ町へ出よう』

RooTS Series『書を捨てよ町へ出よう』

日程:October 2018

2015年12月、寺山修司初期作品である「書を捨てよ町へ出よう」をマームとジプシーの藤田貴大が独特な解釈で、現代に蘇らせ、話題となりました。 満を持しての再演にご期待ください。 【RooTS企画とは】 21世紀の日本演劇 … 続きを読む

ゲゲゲの先生へ

日程:October 2018

紀伊國屋演劇賞受賞など、現代日本演劇を牽引するイキウメの前川知大が、東京芸術劇場プレイハウスに、書下ろし新作で初お目見え。