HOME > 公演情報_音楽 > 読売日本交響楽団 演奏会

東京芸術劇場開館30周年記念公演

読売日本交響楽団 演奏会

読売日本交響楽団 演奏会

フランス指揮界期待のトップランナー、マキシム・パスカルが東京芸術劇場開館30周年記念公演で読響に初登場。話題のピアニスト、反田恭平とともに開館30周年を祝う!

東京芸術劇場は、バブル経済全盛期の1990年10月30日に開館した。
それから30年…、時代は21世紀に移ろい、今年30周年を迎えることになった。
1985年生まれの指揮者マキシム・パスカルは今年35才、フランス楽壇の期待を一身に集める指揮者である。母国のレ・シエクル、パリ・オペラ座管、トゥールーズ・キャピトル管を初め、ミュンヘン・フィル、マーラー・ユーゲント管などヨーロッパの主要楽団への客演を続けている。またオペラではミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ベルリン州立歌劇場に定期的に招聘されている。特に近現代作品のスペシャリストとして知られており、ドビュッシー、ラヴェルからブーレーズに至るフランス音楽をはじめとする作品で高い評価を得ている。日本では2019年、黛敏郎のオペラ『金閣寺』での成功が記憶に新しい。オーケストラコンサートとしては、今回の来日公演が東京デビューとなる。
今や日本を代表するピアニストの一人である反田恭平のラヴェルをはじめ、20世紀初頭の華やかなフランス音楽を中心に祝祭の響が鳴り響く。

曲目変更のお知らせ
東京芸術劇場30周年記念新作委嘱作品(望月京『待ちわびて』)は、作曲者の都合により今回演奏することが不可能となりました。
代わりまして望月京『むすび』を演奏いたします。何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
東京芸術劇場では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を講じたうえで、本公演を開催いたします。
チケットご購入の際は、必ず当劇場WEBサイト内の【東京芸術劇場における新型コロナウイルス感染症対策とご来館される皆さまへのお願い】をご確認ください。
37.5℃以上の発熱がある方や、体調不良が認められる方等は、当日ご入場をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

日程
2020年12月04日 (金)19:00 開演
会場
コンサートホール
曲目
望月京/むすび
ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲
ドビュッシー/海
ラヴェル/ラ・ヴァルス
出演
指揮:マキシム・パスカル
ピアノ:反田恭平
管弦楽:読売日本交響楽団
プロフィール
指揮:マキシム・パスカル

©Guillaume de
Sardes

1985年生まれの若き才能。パリ国立高等音楽院にてフランソワ=グザヴィエ・ロトに師事。2014年フランス人として初めてのネスレ・ザルツブルク音楽祭ヤング・コンダクターズ・アワード受賞をきっかけに、欧州で活躍。先進的な現代音楽演奏グループ「ル・バルコン」の創設者として、幅広いレパートリーで音楽と最先端の音響・照明システムを融合させた活動を展開。「ナクソス島のアリアドネ」や「月に憑かれたピエロ」で好評を博したほか、昨シーズンからはフィルハーモニー・ド・パリでのシュトゥックハウゼン・オペラ・ツィクルス「光」の7年間プロジェクトをスタートさせている。BBCプロムス、デンマーク国立管、RAI国立管、レ・シエクル、トゥールーズ・キャピトル国立管、ミュンヘン・フィル、グスタフ・マーラー・ユーゲント管等主要楽団への客演のほか、ミラノ・スカラ座やパリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場にも招聘されている。

ピアノ:反田恭平

©M.Yamashiro

1994年生まれ。2012年高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。
併せて聴衆賞を含む4つの特別賞を受賞。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。2015年イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。年末には「ロシア国際音楽祭」にてコンチェルト及びリサイタルにてマリインスキー劇場デビューを果たす。2016年のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。また夏の3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日のコンサートの前半部分をライヴ録音し、その日のうちに持ち帰るというCD付プログラムも話題になる。
デビュー後は毎年オーケストラ、リサイタルのツアーを全国で行なっている。
ソリストとしての活動のほか、室内楽や自身が創設したMLM(音楽を愛する青年たち)ダブルカルテット、MLMナショナル管弦楽団のプロデュースも行う。2018年春からNHK総合にて放送されたTVアニメ「ピアノの森」では主人公の師、阿字野壮介役の吹き替え演奏を担当した。2019年にはレーベルも立ち上げクラシック音楽の普及にも力を入れている。
現在、ショパン音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)に在学中。

管弦楽:読売日本交響楽団

© 読響

1962年、クラシック音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。創立以来、世界的な指揮者、ソリストと共演を重ねている。現在、常任指揮者をセバスティアン・ヴァイグレが務め、サントリーホールや東京芸術劇場などで充実した内容の演奏会を多数開催。2017年にはメシアンの歌劇〈アッシジの聖フランチェスコ〉(全曲日本初演)が好評を博し、『音楽の友』誌の「コンサート・ベストテン」で第1位となったほか、第49回サントリー音楽賞、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞した。
東京芸術劇場とは事業提携を結んでおり、《土曜・日曜マチネーシリーズ》をはじめ、シアターオペラへの出演や教育関連事業など、多彩なプロジェクトを共同で展開している。
https://yomikyo.or.jp/

チケット料金
全席指定・税込
S席 6,500円
A席 5,500円
B席 4,500円
C席 3,500円
D席 2,500円
高校生以下 1,000円

客席内でのソーシャル・ディスタンス確保のため、ご購入できるお席を一部制限する可能性がございます。

感染予防および公演当日の混雑緩和のため、チケットの事前予約・引き取り・購入をおすすめいたします。

未就学児入場不可。

高校生以下チケットは、東京芸術劇場ボックスオフィスのみ取扱い(枚数限定・要証明書)。

障害者手帳をお持ちの方は、割引料金でご観劇いただけます。詳細は東京芸術劇場ボックスオフィスにお問合せください(要事前予約)。

やむを得ぬ事情により、出演者・曲目等に変更が生じる場合がございます。

開演時間に遅れますと、しばらくの間ご入場いただけない場合や、自席にご案内できない場合がございます。

営利目的の転売は固くお断りいたします。

許可のない写真撮影、録音、録画は固くお断りいたします。

発売日
芸劇メンバーズ先行(WEB先着):2020年10月24日(土)10:00~10月30日(金)23:59
一般発売:2020年10月31日(土)10:00~
※発売日は当初予定日から変更となりました。(9月10日)
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

  • チケットぴあ
    • 0570-02-9999 (24時間・音声自動応答 Pコード:184-765)
    • 各チケットぴあ店舗、セブン-イレブン
  • イープラス
    • ファミリーマート店内 Famiポート
  • ローソンチケット
    • 0570-000-407 (オペレーター対応10:00~18:00 Lコード:31734)
    • ローソン、ミニストップ店内 Loppi
お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ