HOME > 公演情報_音楽 > NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇

NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇 スプラッシュ・ザ・カラーズ!

NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇

"NEO-SYMPHONIC JAZZ"の第三弾。特別編成のオーケストラでおくる最先端シンフォニック・ジャズ!

3回目となる本年の公演は、昨年に続き東京フィルハーモニー交響楽団と気鋭のジャズ・ミュージシャン16名による挾間美帆 m_big bandで、挾間美帆が常任客演指揮者を務めるオランダの名門、メトロポール・オーケストラと同じ編成のスペシャル・オーケストラを編成、挾間が自らタクトを執り、現代の最先端シンフォニック・ジャズ・サウンドをお届けします。プログラムのテーマは、挾間がメトロポール・オーケストラのために作曲した新作のタイトル「スプラッシュ・ザ・カラーズ」。デューク・エリントンや穐吉敏子の名曲から、マリア・シュナイダーや挾間美帆まで、タイトルに色が入った古今東西のジャズ・ナンバーをセレクトしました。そして今年のゲスト・アーティストは、モノンクルのヴォーカリスト吉田沙良。スペシャル・オーケストラのサウンドに更なる色彩を加えてくれることでしょう。

日程
2021年07月30日 (金)19:00 開演(ロビー開場18:00)
会場
コンサートホール
曲目
デューク・エリントン/ブラック・ブラウン・アンド・ベージュ
穐吉敏子/ロング・イエロー・ロード
マリア・シュナイダー/グリーン・ピース
挾間美帆/スプラッシュ・ザ・カラーズ(日本初演)
ほか
出演

指揮:挾間美帆

演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

挾間美帆 m_big band

池田篤、辻野進輔、吉本章紘、西口明宏、竹村直哉(sax)
真砂陽地、広瀬未来、河原真彩、石川広行(tp)
半田信英、高井天音、高橋真太郎、野々下興一(tb)
佐藤浩一(p)、須川崇志(b)、高橋信之介(ds)

ヴォーカル:吉田沙良(モノンクル)
プロフィール
指揮・作編曲:挾間美帆

© Agnete Schlichtkrull

国立音楽大学およびマンハッタン音楽院大学院卒業。これまでに山下洋輔、東京フィルハーモニー交響楽団、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」などに作曲作品を提供。また、坂本龍一、鷺巣詩郎、NHK交響楽団、テレビ朝日「題名のない音楽会」などへ多岐にわたり編曲作品を提供する。New York Jazzharmonic (アメリカ)、Metropole Orkest (オランダ)、Danish Radio Big Band (デンマーク)、WDR Big Band(ドイツ)等からの招聘を受け、作編曲家としてだけでなくディレクターとしても国内外を問わず幅広く活動している。
2012年にジャズ作曲家としてメジャー・デビュー。これまでに自身のジャズ室内楽団「m_unit」で『ダンサー・イン・ノーホエア』など3枚のアルバムをリリースし、2013年、ジャズジャパン誌年間アルバム大賞(新人賞)受賞、2016年には米ダウンビート誌”未来を担う25人のジャズアーティスト”にアジア人でただ1人選出、2019年ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」に選ばれるなど高い評価を得る。3作目のアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』は、2019年米ニューヨーク・タイムズ「ジャズ・アルバム・ベストテン」に選ばれ、米グラミー賞ラージ・ジャズ・アンサンンブル部門ノミネートを果たす。
2011年、ASCAP ヤングジャズコンポーザーアワード受賞。2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2014年、第24回出光音楽賞を受賞。2017年シエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに、2018-19年オーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー・オブ・ザ・イヤーを務める。2019年シーズンからデンマーク放送ビッグバンド首席指揮者、2020年8月からオランダの名門メトロポール・オーケストラの常任客演指揮者に就任。

ヴォーカル:吉田沙良

ソングライティングユニット"モノンクル"のボーカル担当。
幼少期から歌手になるという夢を持ち部活動での合唱やミュージカルを経て、桐朋学園高等学校音楽科でクラシックを、洗足学園音楽大学でジャズを学び、2011年に自身のユニット"ものんくる"(当時はひらがな表記)を結成。
2017年に発売された3rdアルバム『世界はここにしかないって上手に言って』がAmazon、iTunes、AppleMusicなど各配信チャートジャズ部門1位を獲得。
2018年には4thアルバム『RELOADING CITY』を発売。
2020年10月にはモノンクル初となるCMソング(シチズン クロスシー)"Every One Minute"を配信リリース。
また、モノンクルとしての音楽活動だけでなく、様々なアーティストの作品やプロジェクトに参加するなどして、ジャンル問わず幅広く活動している。

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

挾間美帆 m_big band

挾間美帆が気鋭のジャズ・ミュージシャンを集めて今回の公演のために特別編成したスペシャル・ビッグバンド。

チケット料金
全席指定・税込
S席 8,000円
A席 6,500円
B席 5,000円
高校生以下 1,000円

未就学児入場不可。

高校生以下チケットは、東京芸術劇場ボックスオフィスのみ取扱い(枚数限定・要証明書)。

障害者手帳をお持ちの方は、割引料金でご観劇いただけます。詳しくは劇場ボックスオフィス、または鑑賞のサポートにてご確認ください(要事前予約)。

やむを得ぬ理由により出演者、曲目等変更の可能性がございますのでご了承ください。

この公演はヒアリングループ(磁気ループ)が作動します。

この公演は振動を身体に伝える体感音響システム「ボディソニック」が10席設置されます。(ボックスオフィスへ要事前予約)

本公演では、舞台と客席の間を十分に確保した上で、1階席最前列を除く全てのお座席を販売いたします。今後、行政より座席数についての制限が出た場合は、それに準じ販売を休止する場合がございます。

発売日
芸劇メンバーズ先行(WEB先着):4月17日(土)10:00~4月23日(金)23:59
一般発売:4月24日(土)10:00~
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

  • チケットぴあ
    • 0570-02-9999 (24時間・音声自動応答 Pコード:194-697)
    • セブン-イレブン、ファミリーマート
  • イープラス
    • ファミリーマート店内 Famiポート
  • ローソンチケット
    • ローソン、ミニストップ店内 Loppi (Lコード:34145)
お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

公益財団法人 花王芸術・科学財団

制作協力:JamRice

▲ページトップへ