東京演劇道場 the 2nd

東京演劇道場 the 2nd

野田芸術監督が率いる演劇修行の場

東京演劇道場は、芸術監督・野田秀樹の指揮のもと、舞台役者が集う修行の場です。野田をはじめ、東京芸術劇場に集う国内外第一級のアーティストたちの舞台創作の技と志に触れ、芝居人同士が互いに刺激を受け合う場を提供します。2018年の年末に行われた一回目のオーディションワークショップには約1700名の応募があり、現在では64名のメンバーが在籍しています。2019~20年には、野田、リロ・バウアー、エリック・マレット、井手茂太、黒田育世、柴幸男らを講師に迎えてのワークショップや、海外秀作舞台などの動画勉強会、有志メンバーの自主練習などを実施しました。コロナ禍に際しては、事務局が、道場生メンバーに各種助成金の申請の勉強会や、継続的な活動が行えるような支援をしました。2020年夏には、野田演出により道場生の出演した『赤鬼』4バージョンの上演で東京芸術劇場の自主事業上演を再開しました。
このたびさらなる演劇人との出会いを求め、新たにメンバーを募集いたします。本気で芝居人として生きていくことを目指す方、ふるってご応募下さい。

日程

一次オーディション 11月30日(火)・12月3日(金)
二次オーディション 12月7日(火)
最終オーディション 12月9日(木)

11月16日(火)以降 書類選考結果を郵送。

会場
都内を予定しております。
応募条件
  • 舞台で表現することに熱意のある方。
  • 11月30日(火)から始まる全てのオーディションに参加可能な方。
  • 年齢、性別、経験は問いません。プロダクションや劇団に所属している方でもご応募頂けます。
応募締切
2021年9月30日(木)必着
応募方法

1.東京芸術劇場ホームページより専用のオーディション応募用紙をダウンロード、もしくは市販の履歴書(オーディション用のもの)をご使用下さい。

2.応募書類に必要事項を記入し、全身写真とバストアップ写真を貼り付けて下さい。

3.選考結果を返信するための、A4サイズが入る角2封筒をご用意の上、返信先住所と宛名をご記入頂き、120円切手を貼り付けて下さい。

4.2の応募書類と、3の返信用の角2封筒をクリアファイルに入れて下さい。

5.クリアファイルごと角2封筒に入れて、下記住所までご郵送下さい。
〒171-0021 豊島区西池袋1-8-1
東京芸術劇場 東京演劇道場事務局 宛

*注意事項
応募書類は必ずご郵送ください。直接のお持ち込みや消印のない応募書類は先行から除外します。応募書類はオーディション/ワークショップ以外の目的で使用することはありません。

応募用紙
以下URLよりダウンロードしてお使い下さい。

応募用紙

東京演劇道場とは
  • 野田秀樹芸術監督および、国内外から野田が招いた講師によるワークショップ・レクチャーを行います。
  • 東京芸術劇場の自主事業や関連公演のオーディションを受けられます。
  • 東京芸術劇場の自主事業や関連公演の観劇、ゲネプロの見学などが出来ます。(ご招待出来ない公演もございます。)
  • 東京芸術劇場にて行われた過去公演の映像鑑賞会を行います。
  • 東京芸術劇場のリハーサル室を開放し、発声やストレッチなど自主練の場を提供いたします。
  • 野田秀樹芸術監督、ないし野田が指名した演出家の演出による公演を行うことも視野にいれています。
お問合せ
東京芸術劇場 03-5391-2111(代表)(9:00~22:00休館日を除く)
メール:engekidojo#geigeki.jp(#を半角の@に置き換えてください)
よくあるF&Q:以下のURLよりご確認ください。

F&Q

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

▲ページトップへ