HOME > 公演情報_イベント・講座等 > これぞ4大ソナタ⁈

「ミーツ・ベートーヴェン・シリーズVol.4 清水和音」公演関連レクチャー

これぞ4大ソナタ⁈

平野昭が語るベートーヴェン『4大ピアノ・ソナタ』

東京芸術劇場が2020年、楽聖ベートーヴェンの生誕250年を記念してお届けする「ミーツ・ベートーヴェン・シリーズ」。第4弾は日本を代表するピアニスト・清水和音がベートーヴェンのピアノ曲の神髄ともいえる「悲愴」、「月光」、「ワルトシュタイン」、「熱情」の4大ピアノ・ソナタを演奏します。
本レクチャーでは公演に先立ち、ベートーヴェンのピアノ・ソナタについて4大ソナタを中心にベートーヴェン研究の第一人者である音楽学者の平野昭氏に解説いただきます。

東京芸術劇場では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を講じたうえで、本企画を実施いたします。
お申込みの際は、必ず当劇場WEBサイト内の【東京芸術劇場における新型コロナウイルス感染症対策とご来館される皆さまへのお願い】をご確認ください。
37.5℃以上の発熱がある方や、体調不良が認められる方等は、当日ご参加をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

日程
2020年11月20日 (金)19:00-21:00
会場
シンフォニースペース
講師
平野昭
プロフィール
平野昭

音楽学者
1949年、横浜生まれ。武蔵野音楽大学大学院音楽学専攻終了。元慶應義塾大学文学部教授、静岡文化芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授、桐朋学園大学特任教授。
古典派とロマン派音楽を専門分野とし、特にベートーヴェン研究をライフワークとしている。音楽評論活動では毎日新聞、「音楽の友」「レコード芸術」レギュラー執筆。また、NHKのFMクラシック番組等での解説者としても活躍。主な著書に『作曲家◎人と作品シリーズ ベートーヴェン』(音楽之友社)、『ベートーヴェン』(新潮文庫)、『ベートーヴェン大事典』(平凡社、監修・共訳)、『ベートーヴェン事典』(東京書籍・監修)、『音楽キーワード事典』(春秋社)等。共著に小山実稚恵、平野昭著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』(音楽之友社)。2020年3月、音楽之友社より新刊『ベートーヴェン 革新の舞台裏 創作現場へのタイムトラベル』発売。
日本音楽学会・国際音楽学会・18世紀学会各会員。

料金

500円(税込)

「ミーツ・ベートーヴェン・シリーズVol.4 清水和音」公演チケットをお持ちの方は無料(当日、受付にてチケットをご提示ください)。
定員
30名(先着順・要事前申込み)
お申込方法

2020年10月28日(水)10:00より申込み受付を開始いたします。
下記よりお申込みください。

申込みフォーム

応募時に登録するメールアドレスが受信制限設定をされている場合は、「@geigeki.jp」からのメールを受信できるようご設定ください。受信制限設定をしていると、お申込み受付メールをお受け取りいただけない場合がございます。

お申込み時にいただく個人情報は、本企画以外の目的には使用いたしません。

やむを得ぬ事情により内容に変更が生じる場合がございます。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ