HOME > 公演情報_イベント・講座等 > 紛争地域から生まれた演劇シリーズ12

ITI(国際演劇協会日本センター)×東京芸術劇場 共催

紛争地域から生まれた演劇シリーズ12 日本初訳・初演(リーディング公演)

紛争地域から生まれた演劇シリーズ12

演劇を通して同時代の世界と出会う

国連教育科学文化機関(ユネスコ)と連携して活動している国際演劇協会(International Theatre Institute=ITI)は「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」という前文ではじまるユネスコ憲章の趣旨に基づき、舞台芸術に関する情報交換と実践面での国際交流の促進を目的に、第二次世界大戦終結から3年後の1948年に創設されました。ITI創設から3年後の1951年、ITI日本センターが設立。以来60年以上にわたって、各国相互の理解を深めるため、さまざまな事業を行っています。
ITIのネットワーク内では、演劇を通じて平和の構築を目指す取り組みとして「Theatre in Conflict Zones(紛争地域の演劇)」と題するプロジェクトが行われています。日本センターでは『国際演劇年鑑』の調査・研究事業の一環として、2009年から「紛争地域から生まれた演劇」シリーズを始動。日本で知られていない優れた戯曲を、翻訳、リーディング上演、トーク、戯曲集の発行を通して紹介しております。今年はイスラエルの作家、モティ・レルネルの戯曲『イサク殺し』をご紹介します。

日程
2020年12月11日 (金) ~13日 (日)
会場
アトリエウエスト
紹介作品

『イサク殺し』(リーディング上演+トーク)
戦争のPTSDから逃れられない人々が演じるイツハク・ラビン首相暗殺劇。本国未上演、アメリカ公演で大激論を呼んだイスラエル版『マラー/サド』。

スケジュール

2020年12月11日(金)~13日(日)
12月11日 (金) 19時30分開演
12月12日 (土) 14時開演
12月13日 (日) 14時開演
期間中、関連展示も併催

以下の日程で、オンラインでのアーカイブ配信を実施
2020年12月18日 (金) 10時~12月24日 (木) 23:59

翻訳
村井華代
演出
小林七緒
出演
藤井びん、井上加奈子、上田和弘、辻京太、山崎薫、伊藤俊彦、荒木理恵、山下直哉、
佐藤正宏、勝俣実秋、今野健太
音楽:諏訪創
作家プロフィール
モティ・レルネル(Motti Lerner/イスラエル)

撮影:Zoe Grindea

劇作家、シナリオライター。1949年イスラエルに生まれる。エルサレム・ヘブライ大学で数学を学ぶが、1973年第四次中東戦争(ヨム・キプール戦争)終結の後、演劇人になることを決意。戯曲のほとんどでイスラエルとユダヤ人に関わる政治的・倫理的問題を扱う。
戯曲に、1944年アウシュヴィッツ移送からユダヤ人を救い出すも、後にナチス協力者として糾弾されたハンガリーのユダヤ人弁護士の実話に基づく『カストナー』(1985)、1948年の第一次中東戦争(イスラエル独立戦争)で、イスラエル軍部隊がパレスチナ市民を虐殺したとの訴えを検証するイスラエル人男性とパレスチナ人女性の物語『告白』(2014)など。
映画シナリオも多く、ジョセフ・ファインズ主演の『Spring, 1941』(2009)では、ドイツ軍から逃れポーランドの小村に避難するも、ついには発見され処刑されるユダヤ人家族を描く。

料金
一般 1,500円
学生 1,000円
オンラインでのアーカイブ配信 1,000円
発売日
2020年11月9日(月)
チケット取扱
国際演劇協会日本センター
https://iti-japan.or.jp/announce/6993/
スタッフ
総合プロデューサー︎ 林英樹
票券・制作補佐︎ Real Heaven
舞台監督 中野雄斗(株式会社ステージワークURAK)
アーカイブ配信映像 吉本直紀(スタジオ0033)
お問合せ
国際演劇協会日本センター/平日11時〜17時
メール ititicket@gmail.com
TEL 03-3478-2189
FAX 03-3478-7218
会期中は090-7255-0814まで

主催:文化庁、公益社団法人国際演劇協会日本センター

共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

企画制作:公益社団法人国際演劇協会日本センター

協力:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター
一般社団法人日本演出者協会
一般社団法人日本劇作家協会

▲ページトップへ