HOME > 公演情報_イベント・講座等 > 10代からのGeigekiカンゲキクラブ 第2回 「カノン」

10代からのGeigekiカンゲキクラブ 第2回 「カノン」

10代からのGeigekiカンゲキクラブ 第2回 「カノン」

『カノン』観劇後のレビューを持ち寄って、参加者全員でシェア~あの作品、どんな風に観た?

10代、20代を対象とした、観劇後交流イベント(オンライン)を実施いたします。

今まで演劇を観た後に「面白かった!!」とか、「よくわからなかったなぁ。。。」とか、この気持ち、誰かと共有したい!!!と思ったりしたこと、ありませんでしたか?
今回のカンゲキクラブでは自分ひとりの目ではなく、他の人の目が、どんなふうにカノンを観たのか、いろんな角度からの”演劇の観かた”(=観劇後レビュー)をシェアし、読みあい、対話をしていきます。
観劇後のレビューをもととした対話を通して、集まった皆さんで鑑賞を深めていきましょう。

本イベントはオンライン(Microsoft Teams及びZoomを使用)での実施となります。

イベント当日までの流れ

1.「カノン」を8月29日(日)までに観劇。

2.9月1日(水)までに、観劇して気になったこと、深く感じたこと等を書いた、レビュー(1,000字程度)を提出。
(レビューの形式は問いません。5つ程度の短文のまとまり等でもOK!)

3.提出を確認した方へ、順次Microsoft Teams 「10代からのGeigekiカンゲキクラブ」への参加ご招待をいたします。
そこで、ご自分の書いたレビューをシェアしましょう。

4.他の参加者のレビューも読んでみましょう。

5.イベントまでの期間、他の参加者のレビューに疑問・賛同・質問など書き込んでください。
また、自分の感想・レビューに届いた疑問・賛同・質問に答えてみましょう。

自分のレビューを他の人の意見で増幅させ、さらに自分の応答を反響させながら、参加者皆さんの声を響かせてみましょう。
・・・そうして、生まれた「反響する声」をもとに、イベント当日には皆さんの意見を加えながら、作品を振り返っていきます。

日程
2021年09月04日 (土)15:30-17:30
会場
オンライン開催
進行
木村覚(美学研究者、ダンス批評、BONUSディレクター)

1971年千葉県東金市生まれ。美学研究者、ダンス批評。日本女子大学人間社会学部文化学科准教授。近代美学を専門としながら、コンテンポラリー・ダンスや舞踏を中心としたパフォーマンス批評を行っている。2017年までartscapeにて身体表現のレビュー担当。主な著作として『未来のダンスを開発する フィジカル・アート・セオリー入門』(メディア総合研究所)がある。2014年より「ダンスを作るためのプラットフォーム」BONUSのディレクターを務め、フレッシュなダンス創作の種を撒いてきた。

料金
無料(ただし、公演鑑賞は各自チケットをお手配の上、ご鑑賞ください。)
定員
12名(先着順・要事前申込)
対象
下記1,2の両方に該当する方。

1.『カノン』の高校生以下チケットや25歳以下チケットをお持ちで、8月29日(日)までに観劇できる方。

2.オンライン(同時双方向型)イベントにつき、マイク・Webカメラ搭載のパソコンとインターネット通信環境(Wi-fi、光回線やケーブルテレビ等)を用意できる方。

お申込方法
2021年7月21日 (水)10:00から申込受付を開始します。
下記、お申込みフォームよりお申込みください。

公演チケット(高校生チケット、25歳以下チケット)もイベント申込と同時にフォームからお申込できます。ご活用ください。(申込者ご本人のみの受付)

申込フォーム

申込期限:8/30(月)10:00(ただし、先着順受付のため、定員に達した時点で申込受付は終了致します)

応募時に登録するメールアドレスが受信制限設定されている場合は、「@geigeki.jp」からのメールを受信できるようご設定ください。

受信制限設定をしていると、応募完了メールをお受け取りいただくことができない場合がございます。

お申込み時にいただく個人情報は、本講座以外の目的には使用しません。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ