芸劇&読響 みんなでハモろう!

鈴木優人×石丸幹二×読売日本交響楽団×一般参加者が共演した、250人を超えるバーチャルオーケストラ

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(東京都豊島区)は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった「TACT FESTIVAL 2020 東京芸術劇場presents鈴木優人&読響 ファミリーコンサート」(公演日:2020年5月5日)の代替企画として、当該公演に出演予定だった鈴木優人(指揮)石丸幹二(歌)読売日本交響楽団(管弦楽)と、東京芸術劇場公式WEBサイトで募集した一般参加者が、オンライン上で音楽を共に奏でる映像企画「芸劇&読響 みんなでハモろう!」を製作いたしました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、当該公演だけでなく、世界中で多くの演奏会が中止となりました。公演を楽しみにされていたお客様はもとより、外出自粛を余儀なくされた方たちの心の拠り所となる場の必要性を感じ、プロ・アマを問わず、参加される皆様が、前向きに歩みを進められる企画を目指しました。

映像募集期間を5月2日から5月11日に設定し、ゴールデンウィークにステイホームしたくなる一助となればと考え、メールでお申し込みいただいた後、楽譜と鈴木優人氏がピアノを演奏する映像と石丸幹二氏が歌う映像をお送りし、自身が演奏する映像を、劇場に送付いただきました。二人の映像に合わせて参加者が演奏することで「共演」している雰囲気を感じてもらえたことが、実施後のアンケートからわかりました。最終的に約200件の演奏映像が劇場に寄せられました。演奏曲目は、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」より『エーデルワイス』。劇中で、「思い出」と「誇り」の象徴として用いられ、厳格な父親であるトラップ大佐が、子どもたちと家族の絆を結び直すきっかけとなる曲です。

ご協力いただいた参加者アンケートで、「家族で一緒に演奏するのが楽しかった」「子どもに音楽を通じて様々なことを伝えられた」など、40パーセント以上の方が家族単位で参加してくださったことがわかりました(5月29日時点)。また、国内だけでなくタイやイギリスなど海外からの応募もあり、バーチャルオーケストラならではの、世界中どこの誰とでも繋がることができる、新たな可能性を生み出しました。映像は、7月4日から弊館公式WEBサイト、またはYoutubeチャンネル「芸劇 Channel」からご覧いただけます。プロ・アマチュアの垣根なく、音楽を愛する全ての方々によって奏でられる『エーデルワイス』を是非ご覧ください。

日程
【公開期間】2020年07月04日(土)~2020年11月30日(月)
曲目
ロジャース&ハマースタイン/映画『サウンド・オブ・ミュージック』から「エーデルワイス」
プロフィール
指揮:鈴木優人
読売日本交響楽団 指揮者/クリエイティヴ・パートナー

© Marco Borggreve

1981年オランダ生まれ。東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。第18回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。2018年9月よりバッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者に就任。2020年4月1日からは、読売日本交響楽団の指揮者/クリエイティヴ・パートナーに就任予定。音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開する。指揮者としてアンサンブル金沢、NHK交響楽団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。2017年11月には、モンテヴェルディ生誕450周年を記念し、歌劇「ポッペアの戴冠」を国際的で魅力に富む歌手陣で上演。高い芸術性と優れたキャスティングを生かした躍動感を伴った上演はバロック・オペラの新機軸として高い評価を得た。
作曲家としても数々の委嘱を受けると同時に、J.S.バッハBWV190喪失楽章の復元や(Carus)、モーツァルト『レクイエム』の補筆・校訂が(Schott Music)、高い評価を得ている。調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。

歌:石丸幹二(俳優・歌手)

© 山中健治

東京音楽大学でサックス、東京藝術大学で声楽を学ぶ。1990年、ミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)でデビュー、現在に至るまでミュージカル界をけん引する俳優として活躍。音楽活動は、ソロアルバム「My Favorite Songs」「My Musical Life」等のほか、オーケストラコンサートのライブ盤「An EVENING with KANJI ISHIMARU」、リュート奏者つのだたかしとの「武満徹のうた」等を発表する一方、コンサートも多彩に展開する。クラシック音楽とは「朗読」で関わることが多く、ストラヴィンスキー「兵士の物語」など声の表現の多様性を探っている。現在、テレビ朝日「題名のない音楽会」司会を務める。

管弦楽:読売日本交響楽団

© 読響

1962年、クラシック音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。創立以来、世界的な指揮者、ソリストと共演を重ねている。現在、常任指揮者をセバスティアン・ヴァイグレが務め、サントリーホールや東京芸術劇場などで充実した内容の演奏会を多数開催。2017年にはメシアンの歌劇『アッシジの聖フランチェスコ』(全曲日本初演)が好評を博し、「音楽の友」誌の「コンサート・ベストテン」で第1位となったほか、第49回サントリー音楽賞、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞した。東京芸術劇場とは事業提携を結んでおり、《土曜・日曜マチネーシリーズ》をはじめ、シアターオペラへの出演や教育関連事業など、多彩なプログラムを共同で展開している。

お問合せ
東京芸術劇場「みんなでハモろう!」係 03-5391-2111

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

協力:公益財団法人読売日本交響楽団、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

制作協力:有限会社プラネット・ワイ

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ