HOME > 過去の公演 > 伊藤キム×森下真樹『マキム!』

TACT FESTIVAL2020 EX タクト・フェスティバル スピンオフ公演

伊藤キム×森下真樹『マキム!』 カラダとコエとオンガクと

伊藤キム×森下真樹『マキム!』

マキムとは、伊藤キムと森下真樹の合体ダンスプロジェクト。
奇縁の2人が時をまたいで巡り合い、世界をくるりとひっくり返す!
今回の舞台は、それぞれ独自に「カラダ、コエ、オンガク」を追究してきた奇縁の2人が巡り合い、表現の新たな化学反応を目論むというもの。本年5月のタクト・フェスティバル2020でラインアップされるも、緊急事態宣言下でやむなく延期となった注目作が晴れてアップデートしたスピンオフ公演として実現することになりました。
「身体という楽器で言葉を演奏」する伊藤キムは、自ら主宰するフィジカルシアターカンパニーGEROのメンバーとその方法論をブラッシュアップ。いっぽう「音楽を血や肉や魂に変える」という森下真樹は、自身のカンパニー森下スタンドのメンバーとかつてのメンターである伊藤キムに挑みます。相寄るダンス魂、身体と声がどんな音楽を奏でるのか、その反応工程から目が離せません!

日程
2020年11月13日 (金) ~11月15日 (日)
ステージ数
3
会場
プレイハウス
振付・演出・出演

伊藤キム、森下真樹

伊藤キム 振付家・ダンサー

フィジカルシアターカンパニーGERO主宰。1987年舞踏家・古川あんずに師事。95年「伊藤キム+輝く未来」結成。96年フランス・バニョレ国際振付賞、2002年第1回朝日舞台芸術賞・寺山修司賞、08年横浜文化賞奨励賞。05年にバックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。おやじが踊って給仕する「おやじカフェ」のプロデュースを国内外で行う。15年新カンパニーGEROを結成して10年ぶりに創作活動を再開。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。かなっくホール(横浜市神奈川区民文化ホール)レジデンスアーティスト。


メッセージ

森下真樹さんは、快活でエネルギッシュで努力家で人好きで酒好きで、酒好き以外はすべて私の反対にいる人だ。初めての出会いは私のワークショップ、彼女はまだ10代だったらしい。その後『伊藤キム+輝く未来』メンバーとしていくつかの作品に出演しているが、当時と今の雰囲気の違いに驚いている。あんなに細くて繊細だった人が、今やこんなにも・・・う〜ん人はここまで変われるのだな、としみじみ感じている。初々しさと逞しさを兼ね備えた森下真樹とのコラボ、ご堪能くださいませ。

森下真樹 振付家・ダンサー

© RYO OHWADA

幼少期に転校先の友達作りで開発された遊びがダンスのルーツ。これまで10カ国30都市以上でソロ作品を上演。演劇、音楽、美術、漫画等とコラボ、ジャンルを横断。現代美術家 束芋との代表作『錆からでた実』は第8回日本ダンスフォーラム賞を受賞。2017年、自身がソロで踊る『ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る』を企画・上演。また、100人100 様をモットーに幅広い世代へ向けたワークショップや作品づくりを行う。若手ダンサーらを中心に実験的な場を求めカンパニー「森下スタンド」を発足。周囲を一気に巻き込む独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外ワールドが特徴。


メッセージ

伊藤キムさんは、えっと、こんなこと言ったら失礼ですが、思っていたよりちゃんとしている人だな……と20年前に感じられなかったことをいま、ひしひしと感じています。マメで真面目で冷静で現実的でシンプルでドライで段取りをしっかり踏む勉強家だなと。ぶっきらぼうですが、正直で嘘がないので信頼できます。ぶっきらぼうですが、優しいです。この世界で活動する多くの若手を輩出してきたキムさんの、キムさんなりの人の導き方を目の当たりにしています。人間を二つにざっくり分けると、キムさんと私は真逆?ですが、だからなのか、現在のところお互い刺激しあって普段やれないことをやっているな、これこそコラボだな。現在、行き先のわからない船に乗って漂流中ですが、船酔いしながらも辿り着く世界を楽しみにしています。さぁ、皆さんからはどう映るでしょうか。
キムさんとカンパニーメンバーと、皆さんとの巡り合わせに感謝。

出演

【GERO】
青沼沙季 KEKE 志筑瑞希 篠原健 鈴木しゆう 鈴木淳

青沼沙季

KEKE

志筑瑞希

篠原健

鈴木しゆう

鈴木淳

【森下スタンド】
伊藤奨 甲斐ひろな 甲斐美奈寿 中村駿 根本和歌菜

伊藤奨

甲斐ひろな

甲斐美奈寿

中村駿

根本和歌菜

photo by suzukijun

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場・アーツカウンシル東京/東京都/豊島区

アーツカウンシル東京

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

協力:一般財団法人村上財団
一般財団法人村上財団ロゴマーク