HOME > 過去の公演 > パンドラの鐘 25日以降公演中止

パンドラの鐘 25日以降公演中止

パンドラの鐘 <span class="inline" aria-hidden="true">※</span>25日以降公演中止

日程
2021年04月14日 (水) ~05月04日 (火・祝)  4月13日 (火)  プレビュー公演
ステージ数
22
会場
シアターイースト
作・演出
作・野田秀樹 演出・熊林弘高
出演

門脇麦 金子大地
松尾諭 柾木玲弥
木山廉彬 長南洸生 八条院蔵人
松下優也 緒川たまき

プロフィール

写真をクリックするとプロフィールが開きます。(写真:野口博)

門脇麦

東京都出身。2011年にテレビドラマで女優デビュー。2014年、映画『愛の渦』でヒロインを好演し、第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞をはじめ、数々の新人賞を受賞。近年の出演作に、映画『二重生活』『太陽』(16)『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)『ここは退屈迎えに来て』(18)『チワワちゃん』『さよならくちびる』(19)、主演映画『止められるか、俺たちを』(18)で、第61回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。ドラマでは連続ドラマ小説『まれ』(15)『トドメの接吻』(18)、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』(20)ではヒロインを務めた。舞台ではミュージカル『わたしは真悟』(16―17)『フェードル』(17)『贋作 桜の森の満開の下』(18)など。熊林弘高氏演出の舞台は『狂人なおもて往生をとぐ〜昔 僕達は愛した〜』(15)以来2度目の出演。今後は、主演映画『あのこは貴族』(2月26日)の公開が控えている。

金子大地

北海道出身。2018年、テレビ朝日の人気ドラマ『おっさんずラブ』にレギュラー出演して注目を集め、2019年のNHK『腐女子、うっかりゲイに告る。』で地上波ドラマ初主演を果たす。同年、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。2020年、彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾『ヘンリー八世』(吉田鋼太郎演出)で舞台初出演。2021年、映画「猿楽町で会いましょう」(W主演)、「サマーフィルムにのって」ほか3本公開待機中。2022年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が控えている。

松尾諭

兵庫県出身。2000年映画『忘れられぬ人々』で俳優としてデビュー。2007年、オーディションで『SP 警視庁警備部警護課第四係』のメインキャスト役に抜擢され、注目を集める。2019年『JOKER×FACE』『やじ×きた元祖・東海道中膝栗毛』で主演を務める。舞台出演作に、『アルトゥロ・ウイの興隆』(演出:白井晃)『願いがかなうぐつぐつカクテル』(演出:小山ゆうな)『オリエント急行殺人事件』(演出:河原雅彦)などがある。その他の主な出演作に、映画『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』、連続テレビ小説『エール』『相棒』『BARレモン・ハート』など多数。昨年、自身の波瀾万丈な人生をつづったエッセー『拾われた男』を出版した。

柾木玲弥

北海道出身。2009年 JUNON SUPER BOY コンテストで審査員特別賞受賞。2011年ミュージカル『テニスの王子様』で初舞台。主な出演作はドラマ『高校入試』(2012)、『学校のカイダン』(2015)、『きみはペット』(2017)、『ラブホの上野さん』(2017)、映画『ライチ☆光クラブ』『LIVE! LOVE! SING!〜劇場版〜』『幸福のアリバイ〜picture〜』(2016)など。近年はドラマ『今日から俺は!!』(2018)、『マリーミー!』(2020)、舞台『恐るべき子供たち』(2019)など。主演映画「大阪闇金」(4月10日)公開予定。

木山廉彬

福岡県出身。プリッシマ所属。2012年に文学座附属演劇研究所を卒業後、20歳の国、木ノ下歌舞伎、時間堂、らまのだなど、主に小劇場演劇を中心に活動。2017年~2018年には「仮面ライダービルド」にTVドラマ・映画共に出演した。2019年、「東京演劇道場」のメンバーとなる。舞台の近年の出演作は、『東海道四谷怪談』『レドモン』『保健体育B』『ゾーヤ・ペーリツのアパート』『明後日まで内緒にしておく』『メッキの星』『No.2』『ゴールドマックス、ハカナ町』『Q:A Night At The Kabuki』『赤鬼』など。

長南洸生

京都府出身。「東京演劇道場」メンバー。同志社大学在学中に、同大学内の演劇サークルにて舞台初出演。卒業後、本格的に俳優としての活動を開始。近年の主な出演作としては、劇壇ガルバ『森から来たカーニバル』(作:別役実、演出:山崎一)、KUNIO14『水の駅』(作:太田省吾、演出:杉原邦生)、テレビドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(フジテレビ)、『遺留捜査』(テレビ朝日)、ラジオCM『NTTドコモ関西』などがある。

八条院蔵人

京都府出身。「東京演劇道場」メンバー。東京芸術劇場『赤鬼』(2020)に出演。
その他、CM、映画等、活躍の場を広げている。
Twitter:@claud_hachijoin Instagram:hachijoins_claud

松下優也

2011年『MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE』のソング・ステージにアーティストとして最年少で出演。2015年ボーカルダンスグループ「X4」を結成。2016年NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(2016~2017)に出演し大きな話題となる。また、舞台ではミュージカル『サンセット大通り』・ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』(2020)や『ドクター・ブルー』(2021)などがある。昨年からアーティスト「YOUYA」として活動中。昨年末には、世界的に有名なカメラマンのレスリー・キーが撮影した写真集『30-Superfuid-』を発売した。

緒川たまき

映画『PUプ』で女優デビュー後、テレビ、映画、舞台で活躍。97年舞台『広島に原爆を落とす日』でゴールデンアロー賞演劇新人賞、98年映画『SF サムライ・フィクション』で高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な舞台に、19年『キネマと恋人』再演『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』20年 ケムリ研究室Vol.1『ベイジルタウンの女神』今年8月にはケムリ研究室 Vol.2『砂の女』を公演予定。

野田芸術監督によるコメント

コメント

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」とは、「ジーザス・クライスト」と並び称せられる、あの「お釈迦様」が生まれた時に発した言葉だ。訳せば「この世に俺ほど尊いやつはいねえぜ」である。聞きようによっては、どんだけ傲慢?な響きを持つ言葉だ。だから案の定、この「唯我独尊」が、お釈迦様以外の口から発せられると、「独りよがり」などと訳されもする。だが、熊林氏の演出を見る時、私がいつも感じる、この人の「唯我独尊ぶり」の訳は、「独りよがり」の方ではなくて「お釈迦様」サイドの方である。つまり「尊い」方の「唯我独尊」訳である。世間だろうがコロナだろうが我関せず、熊林氏ならば、脚本をひたすら深く深く読み込み、自分が信じた通りの世界を創るだろう。熊林氏の「唯我独尊」にどっぷり浸った「パンドラの鐘」は、どんな響きをもって、天上天下に鳴り渡るのだろう。I have been looking forward to listening to it. 因みにこの日本語訳は「楽しみだ」である。……短い。

野田秀樹 プロフィール

劇作家・演出家・役者。東京芸術劇場芸術監督、多摩美術大学教授。92年に「劇団 夢の遊眠社」を解散後、ロンドンへ留学。帰国後の93年に演劇企画製作会社「NODA・MAP」を設立。以来『キル』『赤鬼』『パンドラの鐘』『THE BEE』『ザ・キャラクター』『エッグ』『逆鱗』『足跡姫』『贋作 桜の森の満開の下』など話題作を次々と発表。2019年10月より、新作『Q:A Night At The Kabuki』を上演し大きな話題と高い評価を得て、読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。2015年よりブラジル、日本各地で、国内外の多種多様な表現者達と新たな幻想的な表現を創出する文化サーカス「東京キャラバン」の総監修を務め、2020年1月には「東京キャラバン in 北海道」でパフォーマンスを展開。海外の俳優やスタッフと共同制作され、2017年のワールドツアーでも大きな反響を呼んだ、英語劇『One Green Bottle』が2020年2月3月と台湾、ニューヨーク公演を行い、反響を呼ぶなど、世界を駆け巡り、意欲的に活動を展開している。

チケットの払い戻しについて

この公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、やむなく中止させていただくことになりました。購入されたチケット代金は、払い戻しとさせていただきます。
お手持ちの本公演チケットは払い戻し手続き完了まで大切に保管ください。

 なお、払い戻し手続き方法は、購入したプレイガイドによって異なります。
詳しくは、お手持ちのチケットを確認し、各プレイガイドのホームページをご参照ください。

[対象公演]
2021年4月25日(日)~2021年5月4日(火・祝)

[払い戻し受付期間]
2021年4月28日(水)~2021年5月31日(月)

[払い戻し方法]
東京芸術劇場ボックスオフィス
東京芸術劇場ボックスオフィスの休館日臨時休館日は窓口での払い戻しが承れません。
チケットぴあ
イープラス
ローソンチケット
カンフェティ
カンフェティ(追加公演)
上記以外の受付でご購入のお客様は、ご購入元へお問い合わせください。

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

Tokyo Tokyo Festival

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会