HOME > 公演情報_演劇・ダンス > 目頭を押さえた

パルコ・プロデュース

目頭を押さえた

目頭を押さえた

∼演劇界注目の実力派作家とともに歩むプロジェクト∼

常に新鮮な作品を発信し続けるパルコ・プロデュースが、初登場の作家・演出家と次世代俳優を起用して、演劇人の登竜門ともいえるシアターイーストでの上演に挑みます。

畿央地域の山間にある人見村。衰退の一途を辿るこの村の林業と、この地で古くから行われてきた喪屋における葬儀。この2つの伝統を担ってきた中谷家と、8年前に都市から越してきた杉山家は親戚関係にあったが、杉山が葬祭コンサルタント業を人見村に持ち込んだことで、家族間の溝は深かった。ただ、同い年の高校生の娘たちは、子どもの頃から親友のような存在である。杉山の娘・遼(筒井あやめ)は、母の形見である一眼レフカメラを愛用し、村に暮らす人たちのポートレートを「遺影」と称して撮影してきた。中谷の娘・修子(秋田汐梨)は、遼の写真が大好きでいつも率先してモデルになった。そんな修子と遼が迎えた高校三年生の夏。この小さな田舎でセンセーショナルな出来事が起きる。それは、村に暮らす大人や子ども、すべての無名人たちの未来を、哀しみを伴う希望で包んだ。

日程
2021年06月04日 (金) ~07月04日 (日)
会場
シアターイースト
横山拓也
演出
寺十吾
出演
筒井あやめ(乃木坂46) 秋田汐梨
/林翔太
/枝元萌 橋爪未萠里 大西由馬
/山中崇 梶原善
プロフィール
作:横山拓也(よこやまたくや)

2009年に屠場の職人たちの葛藤を描いた男3人芝居『エダニク』で、日本劇作家協会新人戯曲賞受賞。『逢いにいくの、雨だけど』(2018)で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。『The last night recipe』(2020)で岸田國士戯曲賞ノミネート。緻密な会話がらせん階段をあがるようにじっくりと層を重ね、葛藤に立ち会っているかのような感覚に陥る。会話劇で劇空間を埋める作劇。1977年生、大阪府出身。
作品一覧:
『仮面夫婦の鑑』(2011, 12, 14, 16, 17)、『人の気も知らないで』(2012, 13, 14, 15, 16, 18)、『目頭を押さえた』(2012, 13, 18)、『流れんな』(2013, 14)、『車窓から、世界の』(2014, 16)、『あたしら葉桜』(2015, 18)、『walk in closet』(2015, 16)、『粛々と運針』(2017, 18)、『ハイツブリが飛ぶのを』(2017)、『首のないカマキリ』(2018・俳優座)、『逢いにいくの、雨だけど』(2018)、『あつい胸さわぎ』(2019)、『雉はじめて鳴く』(2020・俳優座)

演出:寺十吾(じつなしさとる)

1992年劇団「tsumazuki no ishi」旗揚げ以降、作・演出・出演の3役をこなし、外部舞台作品の演出も手掛ける。また、俳優としても、舞台・映画・テレビ出演など多方面で活躍中。
近年の演出作品:
『喜劇 お染与太郎珍道中』(2021、京都南座・新橋演舞場)、『その男、ピッグテイル』(2020、あうるすぽっと)、『あなたの目』(2020、シス・カンパニー)、鵺的『バロック』(2020、ザ・スズナリ)、シス・カンパニー『風博士』(2019、世田谷パブリックシアター)、Nana Produce『レネゲイズ』(2019、赤坂RED/THEATER)、鵺的『悪魔を汚せ』(2019、サンモールスタジオ)、なないろ満月『父と暮せば』(2019、下北沢駅前劇場)、少年王者舘『1001』(2019、新国立劇場小劇場)、『誰もいない国』(2018、新国立劇場小劇場)、tsumazuki no ishi×鵺的『死旗』(2018、ザ・スズナリ)、シス・カンパニー『お蘭、登場』(2018、シアタートラム)、西瓜糖『レバア』(2018、テアトルBONBON)、『ドアを開ければいつも』(2018、テアトルBONBON)、『関数ドミノ』(2017、本多劇場)、シス・カンパニー『能「黒塚」より 黒塚家の娘』(2017、シアタートラム)

公演スケジュール
6月
    1 2 3 4

18:00

5

13:00

17:00

6

13:00

7

休演日

8

14:00

9

14:00

10

14:00

18:00

11

18:00

12

13:00

17:00

13

13:00

14

休演日

15

14:00

16

14:00

17

14:00

18:00

18

18:00

19

13:00

17:00

20

13:00

21

休演日

22

休演日

23

休演日

24

14:00

18:00

25

18:00

26

13:00

17:00

27

13:00

28

休演日

29

14:00

18:00

30

14:00

     
7月
        1

14:00

18:00

2

18:00

3

13:00

17:00

4

13:00

5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

チケット料金
全席指定・税込
一般 8,800円
U-25チケット 5,500円
高校生以下チケット 1,000円

U25チケットは観劇時25歳以下対象、要身分証明証、当日指定席券引換/チケットぴあにて前売販売のみの取扱い。

高校生以下チケットは観劇時高校生以下対象、要身分証明証、当日指定席券引換/東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売販売のみの取扱い。

未就学児入場不可。

やむを得ぬ事情により公演情報等が変更になる場合がございますのでご了承ください。

一般発売日
2021年4月10日(土)10:00~
チケット取扱

チケット取扱いはWebのみとなります。

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

WEB https://www.geigeki.jp/t/

24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

お問合せ

チケットに関するお問合せ=サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
(平日12:00~18:00 当面の間は月~金12:00~15:00までの営業となります)

お問合せ=パルコステージ 03-3477-5858(時間短縮営業中)

主催:株式会社パルコ

共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

▲ページトップへ