HOME > 過去の公演 > 目頭を押さえた

パルコ・プロデュース

目頭を押さえた

目頭を押さえた

日程
2021年06月04日 (金) ~07月04日 (日)
ステージ数
35
会場
シアターイースト
横山拓也
演出
寺十吾
出演
筒井あやめ(乃木坂46) 秋田汐梨
/林翔太
/枝元萌 橋爪未萠里 大西由馬
/山中崇 梶原善
プロフィール
作:横山拓也(よこやまたくや)

2009年に屠場の職人たちの葛藤を描いた男3人芝居『エダニク』で、日本劇作家協会新人戯曲賞受賞。『逢いにいくの、雨だけど』(2018)で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。『The last night recipe』(2020)で岸田國士戯曲賞ノミネート。緻密な会話がらせん階段をあがるようにじっくりと層を重ね、葛藤に立ち会っているかのような感覚に陥る。会話劇で劇空間を埋める作劇。1977年生、大阪府出身。
作品一覧:
『仮面夫婦の鑑』(2011, 12, 14, 16, 17)、『人の気も知らないで』(2012, 13, 14, 15, 16, 18)、『目頭を押さえた』(2012, 13, 18)、『流れんな』(2013, 14)、『車窓から、世界の』(2014, 16)、『あたしら葉桜』(2015, 18)、『walk in closet』(2015, 16)、『粛々と運針』(2017, 18)、『ハイツブリが飛ぶのを』(2017)、『首のないカマキリ』(2018・俳優座)、『逢いにいくの、雨だけど』(2018)、『あつい胸さわぎ』(2019)、『雉はじめて鳴く』(2020・俳優座)

演出:寺十吾(じつなしさとる)

1992年劇団「tsumazuki no ishi」旗揚げ以降、作・演出・出演の3役をこなし、外部舞台作品の演出も手掛ける。また、俳優としても、舞台・映画・テレビ出演など多方面で活躍中。
近年の演出作品:
『喜劇 お染与太郎珍道中』(2021、京都南座・新橋演舞場)、『その男、ピッグテイル』(2020、あうるすぽっと)、『あなたの目』(2020、シス・カンパニー)、鵺的『バロック』(2020、ザ・スズナリ)、シス・カンパニー『風博士』(2019、世田谷パブリックシアター)、Nana Produce『レネゲイズ』(2019、赤坂RED/THEATER)、鵺的『悪魔を汚せ』(2019、サンモールスタジオ)、なないろ満月『父と暮せば』(2019、下北沢駅前劇場)、少年王者舘『1001』(2019、新国立劇場小劇場)、『誰もいない国』(2018、新国立劇場小劇場)、tsumazuki no ishi×鵺的『死旗』(2018、ザ・スズナリ)、シス・カンパニー『お蘭、登場』(2018、シアタートラム)、西瓜糖『レバア』(2018、テアトルBONBON)、『ドアを開ければいつも』(2018、テアトルBONBON)、『関数ドミノ』(2017、本多劇場)、シス・カンパニー『能「黒塚」より 黒塚家の娘』(2017、シアタートラム)

主催:株式会社パルコ

共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場