HOME > 公演情報_演劇・ダンス > 北尾亘(Baobab)ダンスワークショップ『東京ディグ/ライズ ワンダーゼミ』

芸劇dance workshop 2021

北尾亘(Baobab)ダンスワークショップ『東京ディグ/ライズ ワンダーゼミ』

北尾亘(Baobab)ダンスワークショップ『東京ディグ/ライズ ワンダーゼミ』

次元を自由に遊ぶハイブリッド・ダンス講座!

芸劇danceワークショップ『東京ディグ/ライズ』は、「自分たちの暮らす場所、街や界隈、都市の歴史や物語を掘り起こし(DIG=ディグ)、そこから新しい祭りを建て上げる(RISE=ライズ)」という、ダンサー・振付家の北尾亘(Baobab)のユニークなコンセプトで2019年からスタートしました。
北尾のダンスメソッドに加えて個性的なレクチャー講師陣を配し、ダンスを深めて楽しむ人気講座。
2021年の今回は、これまでの舞台発表スタイルから映像制作にシフトした「ワンダーゼミ」として展開します。
8月からレクチャーとワークショップをスタート、参加者はオリジナル表現の創造を目指し、ゴールでは映像作品で成果を発表します。
映像、アート、音楽、コスチュームなど個性的講師陣との熱いセッションから、どんな新しいダンス表現が生まれるか?ふるってご参加ください!

東京芸術劇場では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講師を招いてのレクチャーはオンラインもしくは3密対策を講じた上で東京芸術劇場施設内にて実施します。そのため開催場所および時間につきましては変更となる場合がございます。予めご了承ください。

日程

SUMMER PROGRAM
2021年8月16日(月)~8月28日(土)

WINTER PROGRAM
2022年3月1日(火)~12日(土) 予定

会場
オンラインまたは東京芸術劇場施設内
ワークショップ講師 ファシリテーター
北尾亘(Baobab)
レクチャーゲスト講師

[ボディフォーカス・メソッド]

  • 石川直樹(写真家)
  • 吉開菜央(ダンサー、映画作家)

[モーション・コンテクスト]

  • 中瀬俊介(映像作家、ドラマトゥルク)

[ノマディック・サンプリング]

  • KO-ney(MPCプレーヤー、ビートメイカー)

[セノグラフィ・プランニング]

  • 杉浦充(舞台美術家)

[モード・ブリコラージュ]

  • 飯嶋久美子(スタイリスト、コスチュームデザイナー)
プロフィール
ワークショップ講師、ファシリテーター
北尾亘(振付家・ダンサー・俳優 / Baobab主宰)

©Kenji Kagawa

きたお・わたる2009年ダンスカンパニー「Baobab」を旗揚げ、全作品の振付・構成・演出を担う。単独公演ほか国内外のフェスティバルに参加。 振付家として、柿喰う客、KUNIO、木ノ下歌舞伎、ロロなど舞台作品のほか、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』などTVドラマ、CM、映画などに振付を提供。 俳優4人の演劇ユニット「さんぴん」メンバーとしても活動。 日本全国でWS講師やアウトリーチ活動を展開するほか、2年連続で芸劇dance workshop『東京ディグ/ライズ』のWS講師・演出・振付を担うなどダンスの普及活動にも積極的に取り組む。 尚美学園大学・桜美林大学非常勤講師。 急な坂スタジオサポートアーティスト。 ベッシー賞(ニューヨーク・ダンス&パフォーマンス賞)OUTSTANDING PERFORMER部門ノミネート(2020年)、横浜ダンスコレクション2018コンペティションI「ベストダンサー賞」ほか、多数受賞。

レクチャーゲスト講師

石川直樹(写真家)

いしかわ・なおき1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。2010年『CORONA』(青土社)により土門拳賞、2020年『まれびと』(小学館)、『EVEREST』(CCCメディアハウス)により日本写真協会賞作家賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)、『地上に星座をつくる』(新潮社)ほか多数。

吉開菜央(ダンサー、映画作家)

©Natsuki Kuroda

よしがい・なお1987年山口県生まれ。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業、東京藝術大学大学院映像研究科修了。作品は、国内外の映画祭での上映をはじめ、展覧会でもインスタレーション展示されている。MVの監督や、振付、出演も行う。監督した主な映画は『Grand Bouquet』(カンヌ国際映画祭監督週間2019正式招待)『ほったまるびより』。米津玄師MV「Lemon」出演・振付。東京造形大学非常勤講師。

中瀬俊介(映像作家、ドラマトゥルク)

© Kenji Kagawa

なかせ・しゅんすけ1983年、東京生まれ。和光大学文学科在学時からライブコンサートの映像演出や、企業広告の仕事を始める。2009年より1年間世界を回り、また2012年にも2周目となる世界一周を果たす。2017年にDance Company Baobabに加入。映像のみならず、ドラマトゥルクとして北尾亘とともに作品の創作に関わる。これまでに岡本優、笠井叡、中村蓉、中屋敷 南の振付作品に映像演出で参加。

KO-ney(MPCプレーヤー、ビートメイカー)

© 佐々木三智勇

コーニー国内屈指フィンガードラマーでありトラックメイカー。10代の頃HIP HOPとの出会いをきっかけに音楽活動を開始。アーティストへの楽曲提供をしながら磨いた、AKAIの名機サンプラーMPCによるライブパフォーマンスで注目を浴びる。 数多くのCMへの楽曲提供、卓越したフィン ガードラムテクニックを武器にバンドでのライブサポートもこなすなど、その活動は多岐に渡る。圧倒的な演奏力でストーリー性に富んだ楽曲を奏でるパフォーマンスは、フィールドもジャンルも越えてオーディエンスを魅了し、国内外問わず高い評価を得る。

杉浦 充 (舞台芸術家)

すぎうら・みつるドイツ国立デュッセルドルフ美術アカデミー卒業後、舞台美術家ヨハネス・シュッツに師事する。ザルツブルク音楽祭、パリ・オデオン座、ウィーン・ブルク劇場、ベルリーナアンサンブルなどで、演出家カリン・バイヤー、リュック・ボンディ、ヨハン・シモンズなど数々のプロダクションに、美術助手あるいは共同舞台美術家として参加。帰国後は東京芸術劇場『パンドラの鐘』(野田秀樹作、熊林弘高演出)などの舞台美術を担当。

飯嶋久美子(スタイリスト、コスチュームデザイナー)

いいじま・くみこPOTESALA主宰/ スタイリスト、衣装デザイナー。文化服装学院アパレル技術科卒業後、スタイリストおよびVOGUE NIPPONでのアシスタントを経て、2000年に独立。大女優、ミュージシャン、お笑い芸人、Live、広告、映画、ドラマ、etc,,,,多岐に渡り活動中。最近では日本と中南米を結ぶプロジェクトLatijapoを立ち上げる。

スケジュール

SUMMER PROGRAM


[ワークショップ by 北尾亘 / レクチャー by ゲスト講師]

8/16(月)〜8/20(金) 18:00〜21:00
8/21(土) 13:00〜18:00
8/25(水)〜8/27(金) 18:00〜21:00

[ミッドタームレポート(中間報告会)]
8/28(土) 13:00〜18:00

オンラインまたは東京芸術劇場にて実施いたします。

開催時間については変更になる場合があります。


HOMEWORK PROGRAM


[参加者自身の活動環境の中でディグ]
ワークの課題やタネを元に材料を探し、参加者ネットワークでシェア。


WINTER PROGRAM


[蓄積した材料をライズする!]
HOMEWORK PROGRAMで蓄積した参加者それぞれのタネをもとに、映像や写真作品へと立ち上げ、公開する。

予定期間:2022年3月1日(火)~5日(土)、7日(月)~12日(土)

ワークショップ参加料
一般 5,000円(税込)
高校生以下 1,000円(税込)

参加者募集〆切:2021年8月6日(金)

支払い方法
参加者の方に追ってメールでご案内します。

定員
30名
募集対象
身体表現にまつわる新たなエッセンスを吸収し、創作の可能性を広げることにご興味のある方。映像クリエイションに取り組む意欲のある方
申込方法
  • 必要事項をご記入の上、下記の応募先へメールをお送りください。
  • 応募多数の場合選考を行う可能性があります。(定員30名予定)
  • 応募締切後1週間以内にご連絡を差し上げます。

必要事項
1.お名前(ふりがな)
2.性別
3.生年月日、年齢
4.電話番号
5.メールアドレス

6.緊急連絡先(ご家族等のお名前、電話番号)
7.ダンス、運動、舞台歴
8.特技
9.北尾亘振付・出演作品鑑賞歴
10.芸劇danceワークショップ参加歴

11.オンライン環境(スマホ、PC、タブレットなど、Wi-Fi有無)

12.参加動機
13.全日程参加 or オンラインのみ 希望

14.期間中、スケジュールNGがあればご記入ください

15.備考(応募に際し、あらかじめ連絡あるいは考慮する必要のある事項がありましたら、ご記入ください)

応募先メールアドレス
dance2020@geigeki.jp
ご応募いただいた際の個人情報は、本ワークショップ以外の目的では使用いたしません。

申込締切
2021年8月6日(金)23:59 必着
お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 芸劇danceワークショップ担当 03-5391-2111

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ