HOME > 過去の公演 > √オーランドー

芸劇danceワークショップ2023 発表公演

√オーランドー 身体的冒険と三百年の遊び

√オーランドー

日程
2023年12月22日 (金) ~12月24日 (日)
ステージ数
3
会場
シアターイースト
原案
ヴァージニア・ウルフ『オーランドー』
講師・構成・振付・出演

中村蓉

プロフィール

© 前澤秀登

早稲田大学在学中にコンテンポラリーダンスを始める。これまでにルーマニア・シビウ国際演劇祭、東アジア文化都市式典、国際芸術祭あいち2022などで作品を上演し、国内外で活動している。ドイツ・マインフランケン劇場製作ミュージカル『ANATEVKA(屋根の上のヴァイオリン弾き)』(演出:菅尾友)やサンリオピューロランドのショー『Nakayoku Connect』(演出:中屋敷法仁)、演劇集団円『ペリクリーズ』(演出:中屋敷法仁)などの振付も担当。2024年東京二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『デイダミーア』では2021年『セルセ』につづき演出・振付を担当する。DaBYレジデンスアーティスト。第1回セッションベスト賞、横浜ダンスコレクションEX2013審査員賞・シビウ国際演劇祭賞、第5回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞などを受賞。

コメント

愛とは何かを考えていたはずがいつの間にか友情文学に思考は移り変わり、はたまたに戻ってきたら、さっきまで考えていた書物比喩人はなんのために生きるのかが外(margin)に追いやられてしまうという一節が『オーランドー』に在ります。男に生まれ突然女になり、しかも300年以上生きる主人公の破天荒な物語。この小説を読むと、まさに、誘い出されるように次々と「私の考え」が湧いてきます。『オーランドー』という根から吸い出される思考を逃さぬよう、本のページの余白(margin)は書き留めたメモと付箋で溢れています。「私」について考えると「あなたはどう?」って聞きたくなるのが人間のサガで、それが私にとってのコンテンポラリーダンス。今回は様々なバックグラウンドを持つ参加者の皆さんと多分野にわたるスペシャリストの方々に「どう?」と、身体と言葉で聞きながら創作していきます。余白はどんどん埋まっていくものの、なかなか読み進められない『オーランドー』の面白さをそのまま舞台化しようと思います。こうしてワンシーンごとに取り上げて遊んでいたら、物語の最後に辿り着くには何百年もかかりそう!

出演
芸劇danceワークショップ2023『√オーランドー』参加者
秋山舜稀 内田颯太 川島信義 佐藤正宗 中野亜美 中野利香 中森千賀 幡野智子 
廣庭賢里 巻島みのり 森口ありあ 大和奈月 山本結 吉村元希 律子
スペシャリスト
浅野ひかり(現代美術)
三村一貴(中国語中国文学)ほか

各専門分野の視点から作品創作にご協力をいただく方々

主催:東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金 劇場・音楽堂等活性化・ネットワーク強化事業
(地域の中核劇場・音楽堂等活性化)|独立行政法人日本芸術文化振興会

企画制作:東京芸術劇場