HOME > 公演情報_音楽 > TACT FESTIVAL 2024 > 川村亘平斎の影絵と音楽『オロチカラなまぐさ天狗は龍を追う』

TACT FESTIVAL 2024

川村亘平斎の影絵と音楽『オロチカラなまぐさ天狗は龍を追う』

川村亘平斎の影絵と音楽『オロチカラ<span class="inline" aria-hidden="true">~</span>なまぐさ天狗は龍を追う』

天狗とカエルは龍を見つけることができるのか?影絵と音楽で描く抱腹絶倒のストーリー

インドネシア・バリ島で修業した影絵マスター 川村亘平斎が影絵人形芝居「ワヤン・クリ」、そして、物語の情景をつくりだす音楽で、“架空の島”へと誘います。子どもは新しい世界に出会い、また、大人は童心に帰るひととき。
池袋から、異国へ旅してみませんか?

[あらすじ]
「オロチハドコダ!?オロチハドコダ!?」
昔々、世界の至る所で、命の光を失ってゾンビになった生き物たちが
「オロチ」と呼ばれる謎の宝を探して暴れまわっていました。
「オロチハドコダ!?オロチハドコダ!?」
森を荒らされ困り果てたカエルは、泉に住む天狗に相談に行きました。
しかし、この天狗、なまぐさで有名なヤツで、カエルの話を一向に聞きません。
そうこうしていると、天狗のところにもゾンビたちがやってきて、
「オロチハドコダ!?オロチハドコダ!?」
と叫び、泉をめちゃくちゃにしてしまいました。
住処を追われた天狗とカエルは、長い旅の果て「オロチ」が眠ると言われるチノハテ山へと辿り着くのでした。

日程

2024年05月03日 (金・祝)11:30 開演/15:30 開演
05月04日 (土・祝)11:30 開演

開場時間:各回開演30分前
上演時間:約45分(休憩なし)
会場
シアターイースト
出演
川村亘平斎(影絵・音楽)
角銅真実(打楽器)
AYA(ベース/OOIOO)
プロフィール
川村亘平斎(影絵・音楽)

© 小暮哲也

インドネシア・バリ島の伝統影絵【ワヤン・クリ】を現代的な文脈で捉え直し、新たな芸能のカタチを模索し続ける影絵師。世界各地でフィールドワークやワークショップを行い、土地の記憶を手がかりに影絵と音楽の作品を制作・発表している。その他、切り絵イラストや壁画、映像制作、映画・CM等への楽曲提供など幅広く活動している。ガムランを使った音楽ユニット【滞空時間】主宰。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞。近年の主な作品として、北海道庁主催『北の絵コンテ大賞』受賞(2021)テレビ東京「東京交差点」出演(2022)影絵芝居「福田うみやまこばなし」(瀬戸内国際芸術祭 / 2022)ストラヴィンスキー「兵士の物語」(演出・出演 / 東京藝術大学 / 2022)「空飛ぶウサギとサンゴの樹」(東京芸術劇場ほか / 2023)「御崎馬の夢」(宮崎県都井岬 / 2023)「巨人・弥五郎を呼ぶの巻」(鹿児島県曽於市 / 2024)他多数。
https://www.kawamurakoheysai.com/

角銅真実(打楽器)

© 松岡一哲

音楽家、打楽器奏者。長崎県の山と川に囲まれ育つ。マリンバをはじめとする様々な打楽器、自身の声、言葉、身の回りのものを用いて、楽曲制作やパフォーマンスなど自由な表現活動を展開している。
2024年1月にソロアルバム『Contact』をリリース。
自身のソロ以外にバンド cero、dip in the pool、滞空時間など、様々なアーティストのライブサポート、レコーディングに携わるほか、映画や舞台、ダンスやインスタレーション作品への楽曲提供・音楽制作も行っている。

AYA(ベース/OOIOO)

© Tessa Shimizu

ベーシスト。鈴木勲に学ぶ。OOIOO / Shintaro Sakamoto Band 他。
幼少期に教会で演奏する。1989年に日本のノイズ・アヴァンギャルド・シーンで活動を始め、以来国内外で活動を続ける。演奏における習慣性、瞑想性、献身性について実験を重ね、Yogaの実践によりそれらの探究を深める。

撮影OK!影絵で遊ぼうワークショップ(同時開催)

各公演終演後、舞台上にて川村亘平斎による影絵ワークショップを実施いたします。
本場バリの影絵のお話や影絵体験など、こどもから大人まで、影絵の魅力を存分にお楽しみいただけます!

日時:各公演終演後
参加方法:ワークショップへの入場には『ワークショップ付チケット』をご購入ください。
ワークショップのみの販売はございません。
対象者:4歳以上から参加可
各回定員あり、事前予約制
各回約30分を予定
当日は動きやすい服装でお越しください
ワークショップは撮影可
チケット料金
全席自由(税込・入場整理番号付)

通常チケット

一般 3,000円
高校生以下 1,000円
こども(4歳以上12歳以下) 500円

ワークショップ付チケット(各回定員あり・枚数限定)

一般 3,500円
高校生以下 1,500円
こども(4歳以上12歳以下) 1,000円

4歳以上入場可

『ワークショップ付チケット』は、東京芸術劇場ボックスオフィス(電話・窓口・WEB)のみ取り扱い。

障害者手帳をお持ちの方は、割引料金でご観劇いただけます。(要事前申込)詳細は、劇場ボックスオフィス、または当劇場webサイト(鑑賞のサポート)にてご確認ください。

車いすでご鑑賞を希望のお客様は、ご案内できるスペースに限りがあるため、ご購入前に東京芸術劇場ボックスオフィス(0570-010-296) へお問い合わせください。

全日程でヒアリングループ(磁気ループ)が一部座席で作動します。

やむを得ぬ事情により公演情報等に変更が生じる場合がございます。

営利目的の転売は固くお断りいたします。

一般のチケットで年齢割引の対象者様が入場されても差額の返金はできません。また、年齢割引のチケットで年齢割引対象外の方がご入場される際は、公演当日に受付で差額のお支払をお願いいたします。

公演中止の場合を除き、ご予約・ご購入いただきましたチケットのキャンセル・変更は承れません。

ご来場前に必ず当劇場webサイト内の注意事項と本公演の直前情報をご確認ください。

発売日
一般発売:2024年3月16日(土)10:00~
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)

主催:東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場/豊島区

協賛:東武鉄道株式会社

助成:令和6年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業(申請中)

本事業は令和6年第1回東京都定例会において東京都予算案の議決を得た場合および、公益財団法人東京都歴史文化財団令和6年度予算が財団理事会で可決され、同評議会が承認した場合に確定します。

▲ページトップへ