HOME > 公演情報_演劇・ダンス > 東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三廓初買』

東京芸術祭 2024 芸劇オータムセレクション

東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三廓初買』

東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三廓初買』

黙阿弥の傑作戯曲が大舞台を駆け抜ける
キノカブ×杉原邦生 一大エンターテインメント 満を待して大空間に再登場!

2006年から京都を中心に活動を始め、多数の古典作品の現代劇化に取り組んできた木ノ下歌舞伎(通称:キノカブ)。昨年上演した、演出・美術の杉原邦生のタッグによる東京芸術祭参加作品、木ノ下歌舞伎『勧進帳』も好評を博しました。
同じく、監修・補綴の木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一、演出・美術の杉原邦生のタッグによる『三人吉三』は、2014年にKYOTO EXPERIMENTで初演され、翌年、東京芸術劇場が若手演劇団体と提携して公演をおこなう“芸劇eyes公演”としてシアターウエストに初登場し、読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされたキノカブ代表作の一つ。
今回の再演では、演劇界注目の若手、ベテランの俳優陣が新たにキャスティングされ、木ノ下が再補綴に取り組み、さらに、国内外の古典作品から新作を問わず、精力的な活動で演出実績を積む、杉原邦生(KUNIO主宰)の再演出にも注目です。
幕末の動乱期に初演された河竹黙阿弥の最高傑作で、今なお愛され続ける「三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)」の全幕通し上演を、同じく動乱の日々が続く現代にどのように届け、響かせるのか。キノカブのプレイハウス初進出作品にご期待ください。

日程
2024年09月
会場
プレイハウス
河竹黙阿弥
監修・補綴
木ノ下裕一
演出
杉原邦生[KUNIO]
プロフィール
木ノ下裕一

撮影:東直子

木ノ下歌舞伎 主宰。
1985年和歌山市生まれ。2006年、京都造形芸術大学在学中に古典演目上演の補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。代表作に『三人吉三』『娘道成寺』『義経千本桜―渡海屋・大物浦―』など。
2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞。第38回(令和元年度)京都府文化賞奨励賞受賞。令和2年度京都市芸術新人賞受賞。平成29年度京都市芸術文化特別奨励制度奨励者。
渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』(2018)の補綴を務めるなど、古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2024年からまつもと市民芸術館(長野)の芸術監督団長。
https://kinoshita-kabuki.org/

杉原邦生

撮影:細野晋司

演出家、舞台美術家。KUNIO主宰。
2004年、プロデュース公演カンパニー“KUNIO”を立ち上げる。これまでの KUNIO の作品に『エンジェルス・イン・アメリカ 第 1 部「至福千年紀が近づく」 第 2 部「ペレストロイカ」』、“Q1”バージョンを新訳で上演した『ハムレット』、上演時間10時間に及ぶ大作『グリークス』、大学の恩師でもある太田省吾作品を鮮烈に蘇らせた『更地』などがある。近年の主な演出作品は、PARCO PRODUCE 2024『東京輪舞』 、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『SHELL』、歌舞伎座『新・水滸伝』、ホリプロ『血の婚礼』、COCOON PRODUCTION 2022 / NINAGAWA MEMORIAL『パンドラの鐘』、さいたまゴールド・シアター最終公演『水の駅』など。第36回京都府文化奨励賞受賞。
https://kunio.me

お問合せ
東京芸術劇場03-5391-2111(代表)(休館日を除く9:00-22:00)

主催:東京芸術祭実行委員会[公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)、東京都]

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

一般財団法人地域創造

▲ページトップへ