HOME > 公演情報_イベント・講座等 > 東京のはら表現部 インクルーシブダンス 連続ワークショップ

東京のはら表現部 インクルーシブダンス 連続ワークショップ

「東京のはら表現部」は、⾼校⽣からユース世代の障害のある⼈とない⼈が、⾝体のうちから湧き起る⾃然な表現を楽しみ、⼀⼈⼀⼈の個性と思いを⽣かし合って、⼀緒に新しいダンス作品を創造する活動です。2019年6⽉にスタートしました。さまざまなファシリテーション素材を使って、表現の幅をバリエーション豊かに広げ、仲間⼀⼈⼀⼈と対等な関係性を築いて、ともに作品を創造します。また、活動を通じてインクルーシブな⾝体表現のファシリテータを育成します。

オープンのはらSeason3のご案内
1年間の活動を振り返る「オープンのはらSeason3」を実施します。今年度創作した作品の発表や、都内福祉施設で実施したアウトリーチの報告なども行います。
オンライン開催ですので、どなた様もお気軽にご参加ください。
詳細はこちら
第4期メンバー募集

2022年度のワークショップ参加メンバーを、以下のとおり募集しています。

日程

2022年5月1日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、12月4日、
2023年1月8日、2月5日、3月5日
全10回(すべて日曜日)

14:00~15:30(ファシリテーション実習生は13:30~16:00)

会場

東京芸術劇場 シンフォニースペース(5階)、リハーサルルームL(地下2階)

新型コロナウイルスの感染状況により、オンライン開催に切り替える場合があります。

応募資格
求める人 年齢層 募集人数
ダンサー

他の人と一緒にからだを動かすことが好きな人

インクルーシブな身体表現に関心のある人

高校生~
20代

10名
ファシリテーション実習生 ダンスなどの運動経験があり、インクルーシブな身体表現のファシリテーションを学びたい人

大学生~
30代

若干名
  • ワークショップ全10回の参加を見込める方
  • 会場までの移動手段を各自で用意できる方
  • 医師から外出・運動の許可を得ている方

    障害の有無を問いません。

    未成年の方は保護者の許可が必要です。

「東京のはら表現部」では、有志による東京都内の社会福祉施設等でのアウトリーチ活動を行っており、こうした活動に積極的に参加くださる方を歓迎します。(アウトリーチ先への交通費は自己負担となります。)

選考

応募締切 3月10日(木) 必着

オンライン面接 3月23日(水)、26日(土)

両日のご都合を応募用紙に記入してください。

結果通知 4月上旬

参加費

ダンサー
高校生2,000円、大学生以上3,000円

ファシリテーション実習生
5,000円

(第4期全回分、保険料を含みます)

応募方法

応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、メール添付で送信してください。

宛先:geigeki-nohara#geigeki.jp(#を半角の@に置き替えてください)

件名:「東京のはら表現部第4期応募」

受信制限をしている方は、当アドレスからのメールを受信できるよう設定してください。

メールでの応募書類提出が難しい場合は、郵送でも受け付けますので、お問合せください。

応募時にお預かりする個人情報は、本事業以外の目的には使用しません。

募集要項(PDF)

応募フォームデータPDFExcel)

チーフ・ファシリテータ
西洋子(にし ひろこ)

お茶の水女子大学・同大学院で舞踊学とモダンダンス、コンテンポラリーダンスを学んだ後、子どもの創造的な身体表現、精神科入院病棟でのダンスセラピー、コミュニティでのインクルーシブダンス等、肢体不自由・精神・発達・視覚・聴覚障害のある人を含むさまざまな人々との実践と国内外での上演を続ける。一貫して多様性と向き合い、近年では「包摂から共創へ」を掲げて、自由で生命的な表現が生まれる「共創するファシリテーション」の理論と実践手法を開発中。
NPO法人みんなのダンスフィールド理事長 東洋英和女学院大学教授・博士(学術)

2021年度の活動

4月から11月までは、前年度に引き続きオンラインでワークショップを行いました。12月より対面ワークショップを再開しています。

今年度から、劇場に来ることが難しい人たちにも「のはら」を届けていこうと、都内の社会福祉施設などでのアウトリーチ・ワークショップを実施しています。障害者支援施設や中高校生の放課後等デイサービスセンターにファシリテータが出向いて、1時間から1時間半程度、施設利用者の皆さんと一緒に身体表現を楽しんでいます。こうした活動を通じてファシリテータの実践の場を広げ、人材育成にもつなげていきます。

これまでの活動
2020年度の活動

高校生から20代を中心とするダンサー12名とファシリテータ4名のメンバーで、8月から3月まで9回にわたって、オンラインでワークショップを実施しました。リモートでも仲間とつながって、心を通じ合わせて、一緒に「のはら」を楽しむことのできる身体表現を全員で模索しました。その成果として即興作品を創り、最終回の公開ワークショップ「オープンのはら season 2~そらにのはらをつくろう」で発表しました。
また、表現ワークショップ「『のはら』であそぶ」に加えて、学びの会「『のはら』でまなぶ」を3回シリーズで公開開催し、映像の振り返りとディスカッションを行いました。

2019年度の活動

第1期⽣のメンバーは、ダンサー13名とファシリテーション実習⽣9名、合計22名。ダンサーにもファシリテーション実習⽣にも、さまざまな障害のある⼈とない⼈が混在。ダンスや指導の経験も、さまざまでした。
4⽉にメンバーを公募し、6⽉に活動を開始しました。⽉に⼀度、⽇曜⽇午後に、東京芸術劇場または全国障害者福祉センター戸山サンライズに集まって、ワークショップを開催しました。
多様ななかに⼀体感の満ちた⾝体表現をみなで創造し、そのプロセスを⼀緒に楽しみました。

ワークショップのレポート記事

9回⽬のワークショップとなる2020年2⽉2⽇には、東京芸術劇場で、100名以上の観客を迎えて、『オープンのはら season 1』 を開催。映像で活動の様⼦を紹介し、⼀⼈⼀⼈のメンバーが思いや感想を語った後、ロワ―広場でショーケースを⾏いました。「てあわせ」や新聞紙を使ったワークショップのデモンストレーションに続き、作品「まど」と「そら」を披露。最後はお客様も誘って「てあわせ」で締めくくりました。
地下通路から東京芸術劇場への⼊り⼝に位置するロワ―広場は、5階まで吹き抜けの構造です。⾼い天井のもと、⾵や光を感じて気持ち良く踊るダンサーたちを、1階や2階からたくさんのお客様が眺めていました。

『オープンのはら season 1』のレポート記事

また、都内の公⽴⼩学校で、全校⽣徒約450名を対象とするアウトリーチ・ワークショップを、ファシリテーション実習⽣を中⼼に企画し実施しました。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係 社会共⽣担当
03-5391-2116
geigeki-nohara#geigeki.jp(#を半⾓の@に置き替えてください)

主催︓公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場・アーツカウンシル東京/東京都

アーツカウンシル東京

協⼒︓NPO法⼈みんなのダンスフィールド
Inclusive Field for Dance since 1998

▲ページトップへ