HOME > 過去の公演 > エル・システマ・フェスティバル2017

エル・システマ・フェスティバル2017

エル・システマ・フェスティバル2017

エル・システマ出身のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団コントラバス奏者 エディクソン・ルイスを迎えて贈るマスタークラス、室内楽、ガラ・コンサート。
南米ベネズエラで始められた、すべてのこどもたちを音楽によって支援する教育システム「エル・システマ」の理念や活動をたっぷり体感できるフェスティバルです。

東京芸術劇場では、当劇場を日本における“エル・システマ”の代表的拠点とし、未来につなげていくために、継続的にエル・システマ・フェスティバルを主催しています。

今年のゲストは、本家ベネズエラのエル・システマ出身で、現在はベルリン・フィルのコントラバス奏者を務めるエディクソン・ルイス。初日20日にはコントラバスのマスタークラス、2日目の21日には日本を代表するチェロ奏者である堤剛、ピアニストの伊藤恵などとともに室内楽コンサートを行います。
3日目22日のガラ・コンサートには、井上道義、コロン・えりか、エディクソン・ルイスなどエル・システマと縁の深い出演者のほか、特別ゲストとして、ベネズエラのホワイトハンドコーラスの代表メンバーによるヴォーカル・アンサンブル「ララ・ソモス」が登場します。また、エル・システマジャパンが継続的に取り組んでいる「相馬子どもコーラス」(合唱指揮古橋富士雄)と、楽器の指導ボランティアなどでエル・システマジャパンの活動を支えている大人たちによる「フェローオーケストラ」、そして今年度からの新たな試みとして東京芸術劇場とエル・システマジャパンの共同で開始した「東京ホワイトハンドコーラス」が出演します。

日程
2017年10月20日 (金) ~2017年10月22日 (日)
会場
コンサートホール ほか
エル・システマとは

南米ベネズエラで始められた、音楽による青少年育成を目的とした教育システム「エル・システマ」。家庭の経済状況にかかわらず、すべての子が無償で集団での音楽教育が受けられる仕組みが原点で、子どもたちが、自ら協調性や、規律を学びながら、目標に積極的に取り組んでいく姿勢を育んでいくことによって、希望や誇りをもてることを目的としています。この活動は、世界的に活躍する若手指揮者グスターボ・ドゥダメルなど多くの一流音楽家を輩出しているだけでなく、子どもたちを犯罪や暴力から守り、学業面も含めてポジティブな影響を与えてきていることで、ユネスコ、米州開銀等の外部機関からも評価されています。2016年1月時点で、60以上の国・地域で展開しています。

日本では、東日本大震災の被災地の子どもたちを支援するために、2012年3月に「一般社団法人エル・システマジャパン」が設立され、地方自治体との協力のもと「音楽を通して生きる力を育む事業」を実施しています。子どもたちは仲間と一緒に音楽を学びながら、他者とのコミュニケーション力を磨き、人生を切り開く力を身につけています。

スケジュール

①エディクソン・ルイス 室内楽マスタークラス

定員に達したため、お申込受付を終了しました(10/18)

日時:2017年10月20日(金)18:00開講(21:00終了予定)

会場:東京芸術劇場 シンフォニースペース(5階)

②エディクソン・ルイスと仲間たち 室内楽コンサート

日時:10月21日(土)14:00開演(ロビー開場13:00)

会場:東京芸術劇場 コンサートホール

出演:辻彩奈(Vn)、田原綾子(Va)、堤剛(Vc)、エディクソン・ルイス(Cb)、伊藤恵(Pf)

③エル・システマ ガラ・コンサート ※聴覚障害者のための舞台字幕付

日時:10月22日(日)14:00開演(ロビー開場13:00・17:00終演予定)

会場:東京芸術劇場 コンサートホール

出演:井上道義(指揮)、古橋富士雄(合唱指揮)、コロンえりか(ソプラノ)、エディクソン・ルイス(コントラバス)、相馬子どもコーラス、東京ホワイトハンドコーラス、ララ・ソモス(ヴォーカル・アンサンブル)、フェローオーケストラ

【関連セミナー】
~共生社会をめざす芸術活動とは~
ホワイトハンドコーラス ドキュメンタリー上映会 & トークセッション

今回が初来日となるベネズエラの「ホワイトハンドコーラス」や「アンサンブル・ララ・ソモス」についてのセミナーを実施します。

日時:10月21日(土)11:00開演(10:30開場)

会場:東京芸術劇場 リハーサルルームL(地下2階)

※事前申込制、手話通訳付き

写真

主催:駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館
東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
一般社団法人 エル・システマジャパン
豊島区

協賛:アサヒビールホールディングス株式会社、キッコーマン株式会社、株式会社シグマクシス、ダウ・ケミカル日本株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社Plan・Do・See、ホテルオークラ東京(五十音順)

協力:KAJIMOTO

助成:文化庁ロゴマーク 平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業(としま国際アートフェスティバル事業)、一般社団法人東京倶楽部、真如苑