「Moving Distance:2579枚の写真と11通の手紙 」

ライブ/パフォーマンス

「world's end girlfriend "Song to the Siren"」/「GRINDER-MAN「よろこびの歌」」

東日本大震災から3年目のこの日、響き渡るふたつの「歌」。

日程
2014年03月11日 (火)20:00
会場

アトリエウエスト ほか

出演

world's end girlfriend
GRINDER-MAN

プロフィール
world's end girlfriend
world's end girlfriend

音楽家。1975年11月生まれ 長崎県出身。かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した島「五島列島」に生まれ、10歳の時聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲を開始。映画「空気人形」(監督:是枝裕和)の音楽を担当し、第62回カンヌ映画祭でも高い評価を受け、世界中で公開された。2010年には濃厚なラインナップを率いて『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

GRINDER-MAN(ぐらいんだーまん)
GRINDER-MAN

© 塚田隆介

「いま・ここ」をテーマにパフォーマンス表現の創造を目的とするグループ。これまで国内外の劇場から美術館、野外にいたるまで多様な空間にて公演作品を発表している。それぞれに一貫しているのは核である身体表現に加えて「いま=現在」という同時代性と演者及び観客が「ここ=場所」に居合わせる偶然性の二つを積極的に表現に織り込む姿勢である。近年は自作の発表にくわえて、外部との恊働や表現提供を積極的に進めている。

チケット料金

無料

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係 03-5391-2116

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、豊島区
助成:文化庁ロゴマーク平成25年度文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ
ディレクション:佐藤道元
協賛:野毛印刷、特別協力:interFM

協力:思い出サルベージ、Lost&Found Project、株式会社ビートソニック、
日本製紙(東京洋紙協同組合)、株式会社ワコールアートセンター、hhstyle.com、
イープラス、石巻工房、edith globe、wasara

▲ページトップへ