HOME > 過去の公演 > Rio de Janeiro“Various eyes”

写真展 + 関連イベント

Rio de Janeiro“Various eyes” リオ・デ・ジャネイロ ヴァリアス・アイズ

日程
2016年03月17日 (木) ~2016年03月28日 (月)11:00-20:00(最終日は18時まで)

※関連イベント開催中は、展示会場へのご入場を制限させていただく場合がございます。
 あらかじめご了承ください。


3/17更新 関連イベント実施のため、アトリエウエストの公開時間は下記のとおりとなります。
3月18日(金)11:00~16:30
3月19日(土)11:00~12:45 / 15:30~20:00
3月24日(木)11:00~16:00
会場

アトリエイースト /「マグナムが見たリオ・デ・ジャネイロ」
アトリエウエスト / 伊藤大輔展「Rio por dentro」

プロフィール

■アトリエイースト /「マグナムが見たリオ・デ・ジャネイロ」

出展作家:Martin Parr/Rene Burri/Elliott Erwitt/Miguel Rio Branco
Bruno Barbey/A.Abbas/David Alan Harvey等

マグナムフォト
レナード・スラットキン

1947年、ロバート・キャパ(ハンガリー人)の発案で結成された、会員が出資して運営する写真家の集団。現在ではメンバーの数も50名を超え、ニューヨーク、パリ、ロンドンと東京に支社をおき、ドキュメンタリーだけでなく、コマーシャル、ファッション、アートなど、様々な分野にてグローバルな活動を続けている。

■アトリエウエスト / 伊藤大輔展「Rio por dentro」

伊藤大輔

1976年仙台市生まれ。明治大学卒業後、スペイン、バルセロナのIDEPにて2年間写真を学ぶ。その後中南米に渡り、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロのファベーラ(スラム街/貧民地区)にて活動を開始。写真家になる。2011年に文化庁の新進芸術家海外留学制度研修員としてファベーラに移住。現在は現地での写真活動のほか、「かんぽ生命」「adidas」「GMOクリック証券」などの広告分野でも活躍している。

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)/豊島区
後援:駐日ブラジル大使館 駐日ブラジル大使館

助成:文化庁ロゴマーク文化庁 平成27年度 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
(池袋/としま/東京アーツプロジェクト事業)

企画協力:マグナム・フォト東京支社 / 山口源造
プリント協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社