HOME > 公演情報_イベント・講座等 > リロ・バウアーによる 俳優・ダンサーのためのワークショップ

東京芸術劇場ワークショップ

リロ・バウアーによる 俳優・ダンサーのためのワークショップ

リロ・バウアーによる 俳優・ダンサーのためのワークショップ

大好評だった2016年のワークショップを経て、俳優たちのさらなるスキルアップを目指し、リロ・バウアーが再び日本のパフォーマーと向き合います。

本ワークショップでは、チェーホフ、ゴーゴリ、そしてゾーシチェンコといった作家の非現実的で不条理な短編を用いながら、人以外のものから人になる(たとえば家具や動物を演じる中で、人の感情を持って動き出す)など、生命のないものに生命を吹き込む作業を重ね、想像力を掻き立てるパフォーマンスを立ち上げていきます。3週間のワークショップでは、昨年のワークを振り返ると共に、新たなアプローチを発見しながら表現を掘り下げ、最後にショーケースを行います。※日本語通訳付き

日程
2017年12月02日 (土) ~22日 (金) ※数回の休日をはさみます
各日とも11:00~18:00 (途中、ランチ休憩あり)(ショーケース直前は延長する可能性があります)
会場
リハーサルルームL
参加条件

■舞台で活動している俳優・ダンサーの方

■できる限り全日程の参加が可能な方

講師
リロ・バウアー Lilo Baur
プロフィール
リロ・バウアー Lilo Baur
リロ・バウアー

女優・演出家。
サイモン・マクバーニー率いるテアトル・ド・コンプリシテ(現コンプリシテ)の「ルーシー・キャブロルの三つの人生」でタイトル・ロールをつとめ、マンチェスター・イブニング・ニュース賞とドラ・カナディアン賞でベスト女優賞を受賞。ほかにピーター・ブルック演出「ハムレットの悲劇」や、映画では「ブリジット・ジョーンズの日記」など、数々の作品に出演。演出家としてはコメディ・フランセーズでの「他人の首」がベスト・プレイに選出され、ボー・マルシェ賞を受賞。

料金
40,000円

※初回にお支払いいただきます。

定員
20名

※応募多数の場合は、応募内容による簡単な選考を行います。

申込み締切
2017年9月10日(日)

※9月17日(日)までに、お申込者全員に参加の可否をメールにてご連絡いたします。

お申込方法

①~⑨を記入の上、workshop#geigeki.jp(#は半角の@に置き換えてください)までメールにてお申し込みください。
件名「リロWS参加希望」

①氏名(ふりがな)
②ご所属(もしあれば)
③性別
④年齢
⑤メールアドレス
⑥電話番号
⑦顔写真(スナップ可)

⑧欠席日の有無(ある場合は日にちをお書きください)

⑨これまでの舞台活動、年数、出演作品など、簡単な経歴

(受信制限をされている方は、workshop#geigeki.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いします。)

※お申込み時にいただく個人情報は、本ワークショップの申込み以外の目的には使用いたしません。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:文化庁ロゴマーク平成29年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

▲ページトップへ