HOME > 公演情報_イベント・講座等 > 10代からの鑑賞講座~コンテポラリーダンス編~
Rosas(ローザス)の魅力とその楽しみ方

Rosas『A Love Supreme~至上の愛』・『我ら人生のただ中にあって/バッハ無伴奏チェロ組曲』公演関連レクチャー

10代からの鑑賞講座~コンテポラリーダンス編~
Rosas(ローザス)の魅力とその楽しみ方

ベルギーのダンスシーンを牽引するRosas(ローザス)の魅力に迫る2時間!

「コンテンポラリーダンス」って、どう楽しめばいいのだろう。そもそも、ダンスってせりふがないし難しそう。
そんなダンス鑑賞の初心者向けに、ベルギーから来日するダンスカンパニーRosas(ローザス)の歴史や作品について触れながら、コンテンポラリーダンスの見どころとダンス鑑賞を楽しむコツについてのレクチャーを実施いたします。
早稲田大学演劇博物館で開催されたダンスワークショップ「Re:Rosas」のキュレーター、越智雄磨氏を講師に迎え、当館広報営業係長の前田圭蔵がモデレーターを務めます。
「ダンス苦手」→「ダンス楽しい!」へとダンス鑑賞の新しい扉を一緒に開きませんか?この機会にぜひレクチャーにご参加の上、実際の公演をお楽しみください。

日程
2019年05月05日 (日・祝) 18:00~20:00
会場
シンフォニースペース
講師
越智雄磨
モデレーター
前田圭蔵(東京芸術劇場 事業企画課 広報営業係長)
プロフィール
越智 雄磨(おち ゆうま)
越智 雄磨

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館招聘研究員。立教大学兼任講師。博士(文学)。ダンス研究、公演等の企画を行う。論文に「『ノン・ダンス』という概念を巡って̶1990 年代以降のフランス現代舞踊の展開に関する一考察̶」等。早稲田大学演劇博物館、横浜赤レンガ倉庫において開催されたコンテンポラリーダンスに関する展覧会「Who Dance? 振付のアクチュアリティ」(2015-2017) のキュレーションと同展の図録を編著。

料金

500円(税込)

5月9日~12日『A Love Supreme~至上の愛』、または5月18日・19日『我ら人生のただ中にあって/バッハ無伴奏チェロ組曲』の公演チケットをお持ちの方は無料(当日受付時にチケットをご提示ください)。

※レクチャー当日に現金でお支払いただくことはできません。必ず事前にPeatixにてお申し込みください。

定員
70名(先着順)
お申込み方法

Peatixにて受付いたします。
下記よりお申込みください。

お申込フォーム

※応募時に登録するメールアドレスが受信制限設定されている場合は、「@peatix.com」からのメールを受信できるようご設定ください。

※受信制限設定をしていると、応募完了メールをお受け取りいただくことができなくなります。

※お申込み時にいただく個人情報は、本講座以外の目的には使用しません。

※いかなる事由の場合も、返金はいたしかねます。ご了承ください。

お問合せ
東京芸術劇場 事業企画課 教育普及担当 03-5391-2116

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

▲ページトップへ