HOME > 公演情報_音楽 > 東京芸術劇場 ランチタイム・パイプオルガンコンサート
[平成29年度]
> 東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.122

東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.122

東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.122

パイプオルガンの音に耳を澄ませ、
お昼休みに安らぎの時間を

芸劇コンサートホールのシンボル、パイプオルガンの音色を気軽にお楽しみいただけるコンサート。
1999年より始まったランチタイム・パイプオルガンコンサートは、ワンコイン(500円)で開催。
より音色の味わいをお楽しみ頂けるよう、プログラムには音のレシピが記載されます♪
==========
♪音のレシピとは・・・?
オルガンは様々な音色のパイプを組み合わせて、音を作り出します。
選ぶパイプは1つでも味わい深く、重ねる事で奥ゆかしさやメッセージが加わることもあります。
ここでは、その秘密のレシピ(レジストレーション)やパイプについてご紹介いたします。

日程
2017年09月27日 (水)12:15 開演(11:15開場) ※12:45終演予定
会場
コンサートホール
曲目

O.メシアン/『栄光の御身体』より 第6曲 「栄光の御体の喜びと明るさ」

E.ルブラン/『メニル=サン=ルーのためのオルガン小曲集』より
第9曲 「めでたし海の星」

N.de グリニ/めでたし海の星

J.S.バッハ/パッサカリア ハ短調 BWV582

♪モダン&バロック・オルガンを使用

出演
オルガン:三原麻里
プロフィール
三原 麻里 (オルガン) Mari Mihara, Organ
三原 麻里

東京都出身。私立東洋英和女学院中高部にて、オルガンを河野和雄氏の指導のもとで学ぶ。その後、東京藝術大学音楽学部オルガン科へ入学し、今井奈緒子、廣江理枝両氏に師事。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞。同大学大学院オルガン科を経て、フランスへ留学。カン国立地方音楽院のエルワン・ル・プラド氏のオルガンクラスにて研鑽を積む。平成25年度文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員として派遣される。
2012年第23回シャルトル国際オルガンコンクール(演奏部門)にて優勝。その後、ヨーロッパ各地のオルガンフェスティバルに招待され、現在は日本を拠点に演奏活動を続けている。

チケット料金

全席自由 500円

※都合により出演者・曲目等が変更になる場合がございます。

※未就学児入場不可

発売日
一般発売:2017年7月26日(水) 10:00~
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296(休館日を除く10:00-19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00-19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC) http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

視覚障害者のための公演説明会
目の不自由なお客様にコンサートをより楽しんでいただけるよう、ご鑑賞前に曲目や楽器、出演者などについてスタッフがご説明いたします。
(東京芸術劇場ボックスオフィスへ要事前申込)
詳細はコチラ
お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

助成:文化庁ロゴマーク平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

▲ページトップへ