HOME > 公演情報_音楽 > 東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート [平成30年度] > 東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.126

東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.126

東京芸術劇場ランチタイム・パイプオルガンコンサート Vol.126

パイプオルガンの音に耳を澄ませ、お昼休みに安らぎの時間を

芸劇コンサートホールのシンボル、パイプオルガンの音色を気軽にお楽しみいただけるコンサート。
1999年より始まったランチタイム・パイプオルガンコンサートは、ワンコイン(500円)で開催。
より音色の味わいをお楽しみ頂けるよう、プログラムには音のレシピが記載されます♪
==========
♪音のレシピとは・・・?
オルガンは様々な音色のパイプを組み合わせて、音を作り出します。
選ぶパイプは1つでも味わい深く、重ねる事で奥ゆかしさやメッセージが加わることもあります。
ここでは、その秘密のレシピ(レジストレーション)やパイプについてご紹介いたします。

日程
2018年04月26日 (木)12:15 開演(11:15開場) ※12:45終演予定
会場
コンサートホール
曲目

~2台のオルガン、2人のオルガニスト~

L.マルシャン/グラン・ディアローグ (平井)

L.ヴィエルヌ/『幻想小曲集』Op.53より 「月の光」 (新山)

J.ブランコ/『2台のオルガンの協奏曲』より 第1番 (新山、平井)

J.C.ケルル/カプリッチョ「カッコウ」 (新山)

A.ソレル/『2台のオルガンのための6つの協奏曲』より 第3番 (平井、新山)

♪モダン&バロック・オルガン、ポジティフ・オルガンを使用

出演
オルガン:新山恵理、平井靖子
プロフィール
新山 恵理 (オルガン) Eri Niiyama, Organ
新山 恵理

東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院修了。フランス・リール国立音楽院に学び、満場一致の一等賞を得て同音楽院を首席で卒業。各地の歴史的な楽器でのコンサートに出演、好評を博し 18 世紀に建造された楽器の修復記念演奏会等に招待される。 NHK-FM「朝のバロック」、NHK-TV「名曲アルバム」、「深夜の音楽会」等の収録、映画や研究資料の録音に参加。ソロ演奏、各オーケストラとの共演、合唱団、アンサンブルとの活動、レクチャーや講習会にも取り組んでいる。 現在、東京芸術劇場、アクトシティ浜松副オルガニスト。

平井 靖子 (オルガン) Yasuko Hirai, Organ
平井靖子

大阪音楽大学卒業。東京藝術大学大学院修了。その後ヨーロッパ各地の国際アカデミーに参加、研鑽を積む。M.シャピュイ氏にフランス古典を、またF.シャプレ氏にスペイン・バロックを学ぶ。フランス古典期における聖歌の唱法を研究し、オルガン作品(ミサ曲、賛歌、マニフィカトなど)を聖歌と交唱の当時の様式で精力的に演奏活動を行う。1994、95年には田園調布カトリック教会でのミサの儀式の中でF.クープラン作曲「教区のためのミサ曲」「修道院のためのミサ曲」の全曲演奏を行う。NHK-FM「朝のバロック」などに多数出演。
現在、聖グレゴリオの家オルガンゼミナール講師、カトリック雪の下教会オルガニスト、白根桃源文化会館オルガニスト、東京芸術劇場副オルガニスト。

チケット料金

全席自由 500円

※都合により出演者・曲目等が変更になる場合がございます。

※未就学児入場不可

発売日
一般発売:2018年2月14日(水) 10:00~
チケット取扱
電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB http://www.geigeki.jp/t/

※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

▲ページトップへ