芸劇dance

Rosas 「ファーズ―Fase」 「時の渦-Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」

Rosas







アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル自身が踊る、ローザスの原点ともいうべき「ファーズ―Fase」
7人のダンサーと7人のミュージシャンの生演奏によるポリフォニー、「時の渦―Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」
ローザスの新旧2作品、連続上演!







ローザス 「ファーズ―Fase」
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル自身が踊る!
ローザスの原点でありコンテンポラリーダンスの金字塔「ファーズ―Fase」
15年ぶりの日本上演!
<2017年5月2日(火)~3日(水・祝)>
Fase, Four Movements to the Music of Steve Reich
Anne Teresa De Keersmaeker / Rosas

出演:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル ターレ・ドルヴェン
音楽:スティーヴ・ライヒ(録音)


ローザス&イクトゥス
「時の渦―Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」

ローザスの7人のダンサーと、現代音楽アンサンブル・イクトゥスの
7人のミュージシャンのライヴ演奏が共演する「時の渦」、待望の日本初演!
<2017年5月5日(金・祝)~7日(日)>
Vortex Temporum
Rosas& Ictus

音楽:ジェラール・グリゼー『時の渦(ヴォルテックス・テンポラム)』
出演:ローザス・ダンサーズ  演奏:アンサンブル・イクトゥス(生演奏)

日程
2017年05月02日 (火) ~2017年05月07日 (日)
会場
プレイハウス
「ファーズ―Fase」
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルがニューヨーク留学から戻り1982年にブリュッセルで発表した「ファーズ―Fase」。ミニマル・ミュージックのパイオニア、スティーヴ・ライヒの4作品「ピアノ・フェイズ」「カム・アウト」「ヴァイオリン・フェイズ」「クラッピング・ミュージック」により構成されたこの作品は、音楽の構造とムーヴメントの密接な関係性から作品を創り上げる彼女の創作スタイルの出発点とも言うべき、ローザスの原点となる伝説的な作品です。 今回、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル自身とターレ・ドルヴェンの2人が踊る本作「ファーズ―Fase」は、実に15年ぶりの日本上演となります。
「時の渦―Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」
フランスの作曲家ジェラール・グリゼーが1992年に発表した「時の渦(ヴォルテックス・テンポラム)」。7人のミュージシャンが奏でる音によって表現される様々時間が、やがて渦を巻くかのように大きな流れを創り出す、時空のうねりをイメージさせるグリゼーの代表作です。 アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルは、グリゼーの音楽を身体のムーヴメントに変換しました。7人のダンサーは7人のミュージシャンのそれぞれの音に呼応し、ダンサーとミュージシャンが舞台を旋回するかのようにグリゼーの音楽世界を描き出します。
公演スケジュール
5月
  1 2

19:30◯

3

15:00◯

4

休演日

5

17:00★

6

15:00★

7

15:00★

8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

◯:「ファーズ―FASE」

★:「時の渦-Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」

チケット料金

【全席指定】
S席:5,500円 A席:4,500円 高校生:1,000円 25歳以下(A席):3,000円
65歳以上(S席):5,000円 2作品セット券(S席):10,000円(先行のみ・枚数限定)

※25歳以下、65歳以上、高校生割引チケットは一般発売より、前売のみ取扱い。(枚数限定・要証明書)
※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更となる場合があります。
チケット発売
先行発売 2017年1月28日(土)
    ※2作品セット券は窓口・電話・WEBにて取扱い。
    ※S席・A席はWEBのみ取扱い。

一般発売 2017年2月11日(土) 
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296 (休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC) http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)


【その他プレイガイド】

<ローソンチケット>
http://l-tike.com/rosas2017/
・0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
・0570-084-003(音声自動応答 Lコード:「ファーズ」30051、「時の渦」30052)
・ローソン、ミニストップ店頭 Loppi
【プレイガイド最速先行 1/29(日)12:00~2/10(金)23:59】

<チケットぴあ>
http://pia.jp/t/geigeki/
・0570-02-9999(24時間・音声自動応答 Pコード:「ファーズ」456-467、「時の渦」456-468)
・各チケットぴあ店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

<イープラス>
http://eplus.jp/
・ファミリーマート店内 Famiポート

プロフィール
ローザス

振付家・ダンサーのアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルが主宰する「ローザス」は1993年ベルギーで設立。1982年の「Fase」発表以来、ムーヴメントと音楽の関係性は、彼女の作品コンセプトに不可欠な要素となっている。ローザスは空間と時間を表現する行為としてダンス芸術を拡げ、音楽、幾何学、視覚芸術、言語などの他のジャンルとの協働による作品創りも多く行っている。アンヌテレサ・ドゥ・ケースマイケルは、ミュージシャン、作曲家、ビジュアルアーティスト、俳優、作家等の多彩な才能とのコラボレーションを数多く手がけている。代表作に「Drumming」(1998)「Rain」(2001)「Raga for the Rainy Season / A Love Supreme」(2005)「Zeitung」(2008)「Cesena」(2011)など。

アンヌテレサ・ドゥ・ケースマイケル

1980年、ブリュッセルのムードラとニューヨークのティッシュ・スクール・オブ・ザ・アートでダンスを学んだ後、最初の振付作品「Asch」を創作。 2年後に「Fase」を初演、1983年にブリュッセルでダンスカンパニーRosasを設立し「Rosas danst Rosa」を発表した。これらのエポックメイキングな作品発表以来、彼女の作品は、ダンスと音楽の関係を深く探求することから多くの作品を生み出し、世界のコンテンポラリーダンスを牽引し続けている。1995年には舞台芸術専門学校P.A.R.T.S. (Performing Arts Research and Training Studios)を設立、若手アーティストの育成を行っている。

アンサンブル・イクトゥス

ブリュッセルを本拠地とする現代音楽のアンサンブル。ローザスとはこれまでに「時の渦―Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」を含め14作品に参加している。そのほか、ヴィム・ヴァンデケイビス、モー・ル・プラデック、エレノア・バウアー、池田扶美代など他の振付家とのコラボレーションも行っている。 指揮者はジョルジュ=エリ・オクトールを含め、アンサンブルのメンバーは命。これまでに20枚以上のアルバムをリリースしている。

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(10:00~19:00)

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

アーツカウンシル東京

▲ページトップへ