HOME > 公演情報_演劇・ダンス > ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『スカーレット・プリンセス』
ルーマニア語上演/日本語・英語字幕あり

東京芸術祭2022 芸劇オータムセレクション

ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『スカーレット・プリンセス』
ルーマニア語上演/日本語・英語字幕あり The Scarlet Princess

ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『スカーレット・プリンセス』<br class="br_pc"><span class="inline" aria-hidden="true">※</span>ルーマニア語上演/日本語・英語字幕あり

歌舞伎の傑作がルーマニアでメタモルフォーゼ
運命の女/桜姫と、いざデカダンの迷宮へ

不道徳かつ退廃的な美しさと、奇想天外な愛憎ロマンで江戸歌舞伎界の話題をさらった四代目鶴屋南北『桜姫東文章』。この歌舞伎の大傑作にして問題作を、プルカレーテが大胆にスペクタクル化したのが『スカーレット・プリンセス』です。2018年シビウ国際演劇祭で衝撃のワールド・プレミア、すぐさまベルギーのブリュッセルに招かれて絶賛を博しました。ヨーロッパ演劇界の鬼才による日本の古典の本歌取りこの話題作が待望の来日を果たします!

日程
2022年10月08日 (土) ~10月11日 (火)
会場
プレイハウス
あらすじ

若き僧侶・自久坊(後の清玄)は、稚児の白菊丸と心中を図るが自分だけ生き残ってしまう。時が流れて高僧の清玄は、ある寺で桜姫と出会う。桜姫はどうやら白菊丸の生まれ変わりらしい。一方で桜姫は盗賊の釣鐘権助に闇夜の中で犯され、赤ん坊を産み落とすが犯した男の腕に彫られた釣鐘の刺青が忘れられない。それは権助への捩れた愛の面影でもあった。しかし権助が家宝を盗んだために家は没落し、桜姫は遊女となって苦界に沈む身となった。破戒堕落の罪で寺から追い出された清玄と桜姫に悪党の権助が絡んで、さらなる残酷非道の運命が彼らを待ち受けることに

スカーレット・プリンセス

© Sebastian Marcovici

スカーレット・プリンセス

© Sebastian Marcovici

スカーレット・プリンセス

© Ovidiu Matiu

上演台本・演出
シルヴィウ・プルカレーテ
原作
鶴屋南北『桜姫東文章』
音楽
ヴァシル・シリー
美術
ドラゴッシュ・ブハジャール
出演
オフェリア・ポピ、ユスティニアン・トゥルク
ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場カンパニー
プロフィール
シルヴィウ・プルカレーテ(上演台本・演出) Silviu Purcarete

1950年生まれ。ルーマニアを代表する舞台演出家。ヨーロッパ三大演劇祭の一つであるルーマニア・シビウ国際演劇祭で演出を手がける圧巻の大スペクタクル『ファウスト』は毎年のハイライトとして注目を集める。エディンバラやアヴィニョン、メルボルン、モントリオールなど、世界中の演劇祭へ数多く招聘されている。フランス政府から芸術文化勲章シュバリエ、ルーマニア政府から国家勲章を受ける。演劇賞では、エディンバラ・フェスティバル批評家最優秀作品賞、ピーター・ブルック賞、ダブリン演劇祭批評家賞など。東京芸術劇場でのクリエーションは『リチャード三世』(2017)、『真夏の夜の夢』(2020)の2作品。

劇場紹介
ラドゥ・スタンカ劇場

ラドゥ・スタンカ劇場は、1788年建設の伝統ある劇場。2000年にコンスタンティン・キリアックが芸術監督就任以降に実績が評価され、2004年に国立劇場となる。所属俳優は約50人で年間10本を超える新作を上演する。シビウ国際演劇祭では基幹劇場としてフェスの一翼を担う。同演劇祭は、英国のエディンバラ、フランスのアヴィニョンに並ぶ規模を誇り、早くから日本の劇団や演劇人も参加し、インターンも幅広く受け入れている。また演劇祭への功績を称える「Sibiu walk of fame」賞を故・中村勘三郎、串田和美、野田秀樹らが受賞している。

公演スケジュール
10月
            1
2 3 4 5 6 7 8

15:00

9

15:00

10

休演日

11

18:00

12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

チケット料金
全席指定(税込)
一般:S席 9,000円
一般:A席 6,500円
一般:サイドシート 4,000円
65歳以上(S席) 7,000円
豊島区民割引(S席) 7,500円
25歳以下(A席) 4,000円
高校生以下 1,000円

ルーマニア語上演/日本語・英語字幕あり

未就学児入場不可。

65歳以上、25歳以下、高校生以下チケット、豊島区民割引は東京芸術劇場ボックスオフィスにて取扱い(枚数限定・前売のみ・要証明書)。

障害者手帳をお持ちの方は、割引料金でご観劇いただけます。(要事前申込)詳細は、劇場ボックスオフィス、または当劇場webサイト(鑑賞のサポート)にてご確認ください。

車いすでご鑑賞を希望のお客様は、ご案内できるスペースに限りがあるため、ご来場前に東京芸術劇場ボックスオフィス(0570-010-296) へお問い合わせください。

一般料金のチケットで割引対象者様が入場されても差額の返金はできません。また、割引のチケットで一般の方がご入場される際は、公演当日に受付で差額のお支払をお願いいたします。

営利目的の転売は固くお断りいたします。

やむを得ぬ事情により、公演情報等に変更が生じる場合がございます。

ご来場前に必ず当劇場webサイト内の注意事項と本公演の最新情報をご確認ください。

マスクを着用でない方のご入場はご遠慮いただきます。

発熱がある方や、体調不良が認められる方等は、当日入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

公演中止の場合を除き、ご予約・ご購入いただきましたチケットのキャンセル・変更は承れません。

全日程でヒアリングループ(磁気ループ)を作動します。

東京芸術劇場でのコンサート・演劇などをご鑑賞の際は、一時託児をご利用いただけます。(生後3ヶ月~小学校入学前までのお子様対象/有料・定員制・土日祝を除く希望日1週間前までに要申込)株式会社ミラクス ミラクスシッター 申込・問合:0120-415-306(土・日・祝日を除く平日9:00-17:00)

発売日
一般前売開始:2022年9月10日(土)10:00〜
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00)

主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、
公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)、
東京都〕

助成:文化庁ロゴマーク

令和4年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業

EU・ジャパンフェスト日本委員会

特別協賛:コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

協賛:アサヒグループジャパン株式会社

後援:在日ルーマニア大使館

▲ページトップへ