HOME > 公演情報_音楽 > 芸劇 ブランチコンサート ~清水和音の名曲ラウンジ~ 第24回~第29回(2020年4月~2021年2月) > 芸劇ブランチコンサート 〜清水和音の名曲ラウンジ〜 第26回 「美しきラヴェルを聴く」

芸劇ブランチコンサート 〜清水和音の名曲ラウンジ〜 第26回 「美しきラヴェルを聴く」

芸劇ブランチコンサート 〜清水和音の名曲ラウンジ〜 第26回 「美しきラヴェルを聴く」

トップ・アーティストたちの豪華な共演!

日本を代表するピアニスト・清水和音が中心となり、2016年4月より毎偶数月に開催の人気公演!
朝11時からの約1時間、東京芸術劇場コンサートホールを舞台に、楽しくて本格的なコンサートです。

フランスを代表する作曲家・ラヴェルの、大胆かつ洗練された美しい音楽を堪能いただきます。聴けばきっとラヴェルが好きになる!若手実力派の藤江扶紀と岡本侑也による渾身のプログラムにご期待ください。

日程
2020年08月26日 (水)11:00 開演(10:30開場)
会場
コンサートホール
曲目
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル/ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
ラヴェル/ピアノ三重奏曲
出演
ヴァイオリン:藤江扶紀
チェロ:岡本侑也
ピアノ:清水和音
プロフィール
清水和音(ピアノ) Kazune Shimizu, Piano
清水和音

© Mana Miki

ジュネーヴ音楽院にて、ルイ・ヒルトブラン氏に師事。1981年、弱冠20歳で、ロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門で優勝、あわせてリサイタル賞を受賞した。これまでに、国内外の数々の著名オーケストラ・指揮者と共演し、広く活躍している。室内楽の分野でも活躍し、共演者から厚い信頼を得ている。ソニーミュージックやオクタヴィア・レコードなどから多数のCDもリリース。2011年には、レビュー30周年を記念して、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番~第4番とパガニーニの主題による狂詩曲の全5曲を一度に演奏するという快挙を成し遂げた。デビュー35周年を迎えた2016年5月には、ブラームスのピアノ協奏曲第1番および第2番を熱演。同年4月からは、年6回の室内楽シリーズ「芸劇ブランチコンサート」を開始するなど、精力的な活動を続けている。

藤江扶紀(ヴァイオリン) Fuki Fujie, Violin
藤江扶紀

大阪府出身。東京藝大、パリ国立高等音楽院大学院を卒業。第80回日本音楽コンクール優勝など日仏での受賞歴多数。2018年1月より、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団のコンサートマスター(co-soliste)に就任した。

岡本侑也(チェロ) Yuya Okamoto, Cello
岡本侑也

© Shigeto Imura

1994年生まれ。2017年エリザベート王妃国際音楽コンクール第2位・イザイ賞を受賞。第25回新日鉄住金音楽賞、第16回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞、第28回出光音楽賞受賞、第20回ホテルオークラ音楽賞受賞。2011年第80回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、併せて岩谷賞(聴衆賞)を含む4つの特別賞受賞。国内外のオーケストラ、室内楽ではワディム・レーピン等と共演。2019年秋にはイタリアと日本でピアニストのクリスチャン・ツィメルマンとブラームスのピアノ四重奏曲を競演。現在、ドイツ・ミュンヘン音楽大学大学院でユリアン・シュテッケルに師事。

チケット料金
【全席指定】
2,400円(1公演に付き・税込)

※5歳以上入場可

※都合により出演者・曲目が変更となる場合がございます。ご了承ください。

発売日
芸劇メンバーズ先行発売:2019年12月11日(水)12:00~
一般発売:2019年12月13日(金)
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB https://www.geigeki.jp/t/

※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

【その他プレイガイド】

チケットぴあ

・0570-02-9999 (24時間・音声自動応答 Pコード:167-963)

・各チケットぴあ店舗、セブン-イレブン

イープラス

・ファミリーマート店内 Famiポート

ローソンチケット

・0570-000-407 (オペレーター対応10:00~20:00 ※2020年1月1日から10:00~18:00)

・0570-084-003 (音声自動応答 Lコード:34018)

・ローソン、ミニストップ店内 Loppi

お問合せ
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(12:00~18:00)

主催:毎日新聞社 MIYAZAWA & Co.

提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

▲ページトップへ