HOME > 過去の公演 > ドイツ アウフブルッフによる刑務所演劇の挑戦

ドイツ アウフブルッフによる刑務所演劇の挑戦 ――芸術と矯正の融合を目指して――

ドイツ アウフブルッフによる刑務所演劇の挑戦

日程
2020年12月21日 (月)18:30-21:30
ステージ数
会場
オンライン Zoom開催
講師
ホルガー・ズィルベ Holger Syrbe(アウフブルッフ芸術監督・舞台美術家)

ベルリン・ヴァイセンゼー芸術大学にてグラフィック、絵画、舞台美術を専攻。ドイツの様々な劇場にて舞台美術や衣装デザインを担当する中、フォルクスビューネでホームレスとの作品に関わったことをきっかけに、1997年に刑務所演劇プロジェクト「アウフブルッフ」を設立。創立メンバーであるジビレ・アルントとペーター・アタナソフと共に芸術監督として活動。ベルリンにある様々な刑務所や駅、裁判所、空港などの公共スペースで作品を発表し、その活動はロシアやチリにも及んでいる。

毛利真弓(同志社大学心理学部准教授、元官民協働刑務所民間臨床心理士)

同志社大学心理学部准教授、臨床心理士、公認心理師、博士(人間科学)。大阪大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。名古屋少年鑑別所法務技官兼法務教官に着任。その後、島根あさひ社会復帰促進センター社会復帰支援員、広島国際大学心理臨床センター特任助教を経て現職。児童自立支援施設広島学園性問題行動プログラムや、山口刑務所性犯罪再犯防止指導のスーパーバイザーとしても活動中。

モデレーター
萩原健(明治大学国際日本学部教授)

明治大学国際日本学部教授。専門は現代ドイツの演劇・パフォーマンスおよび関連する日本の演劇・パフォーマンス。著書に『演出家ピスカートアの仕事 ドキュメンタリー演劇の源流』(森話社、2017)、共訳にフィッシャー=リヒテ『パフォーマンスの美学』(論創社、2009)ほか。マルターラー、ポレシュ、リミニ・プロトコルほかの作品の来日公演/来日制作時、稽古場通訳や字幕の翻訳・制作・操作を務める。

写真

関連企画

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会

協力:アウフブルッフロゴマーク

コーディネーター(第一部):庭山由佳