HOME > 過去の公演 > ドイツ 移民との演劇創作の現場より 多文化社会における演劇ワークショップ開発 

クリエイティブ・ウェルビーイング・トーキョー パートナープログラム

ドイツ 移民との演劇創作の現場より 多文化社会における演劇ワークショップ開発 

ドイツ 移民との演劇創作の現場より 多文化社会における演劇ワークショップ開発 <!-- <span class="inline" aria-hidden="true">※</span>締切延長 -->

日程

2023年11月~2024年1月
オリエンテーション=2023年11月15日(水)
ワークショップ開発=11月29日(水)~12月5日(火)
ワークショップ実践=12月17日(日)
フィードバック=2024年1月下旬(予定)

会場
東京芸術劇場リハーサルルームL(地下2階)、他
内容・スケジュール
  • 受講者オリエンテーション
    11月15日(水)19:00~21:00
  • ワークショップ開発(計6日間オンラインレクチャー1回含む)

    ①11月29日(水)10:00~18:00 イントロダクション

    ②11月30日(木)10:00~15:00 WS開発/18:30~21:00 オンラインレクチャー

    ③12月1日(金)10:00~18:00 WS開発

    ④12月2日(土)10:00~18:00 WSリハーサル

    ⑤12月3日(日)10:00~18:00 WSトライアル実施

    ⑥12月5日(火)10:00~18:00 まとめ

    各回ランチ休憩含む/12月4日(月)は休み

    WS=ワークショップ
  • ワークショップ実践
    12月17日(日)

    ワークショップ実践後に、レポート(A4サイズ1枚程度)を作成いただきます。

  • フィードバック
    2024年1月下旬(予定)

受講者オリエンテーション(11/15)、ワークショップ実践(12/17)には、講師は出席しません。

講師プロフィール
バッサム・ガジ Bassam Ghazi
演劇教育家、演出家、ダイバーシティトレーナー

写真:
© Thomas Rabsch

レバノン出身。ハイデルベルク、ベルリン、ケルンにおいて、教育および演劇教育について学ぶ。ベルリン・グリプス劇場、ケルン市立劇場の演劇教育部での勤務を経て、2021年からデュッセルドルフ市立劇場の市民参加部門Stadt:Kollektiv(シュタット・コレクティフ)の芸術監督。前職のケルン市立劇場では、2015年から2021年まで移民第2~3世代を中心に立ち上げた市民参加劇団"Import Export Kollektiv"(インポート・エクスポート・コレクティフ)の芸術監督を務める。演出家としては、オルダス・ハクスリーのディストピア小説「Schöne neue Welt(すばらしい新世界)」や、仕事と階級をテーマにした「Working Class」などを演出。最新作は、実際に起きた移民排斥事件の現場を巡るバス・ツアー「Solingen(ゾーリンゲン)1993」。また、フリーランスのトレーナーとして、教育機関や文化機関向けに多様性、差別、エンパワーメントをテーマにしたトレーニングを実施。ドイツ連邦共和国の児童青少年演劇センターの理事会メンバー。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団(アーツカウンシル東京、東京芸術劇場)

協力:デュッセルドルフ市立劇場 D’ haus、VILLA EDUCATION CENTER(VEC)、
ゲーテ・インスティトゥート東京

本事業は、クリエイティブ・ウェルビーイング・トーキョーの一環で実施しています。