HOME > 公演情報_演劇・ダンス > ASIA IN RESONANCE 響きあうアジア 2019

ASIA IN RESONANCE 響きあうアジア 2019

ASIA IN RESONANCE 響きあうアジア 2019

国際交流基金アジアセンターが主催する、日本と東南アジアの文化交流の祭典、この夏開幕。

国際交流基金アジアセンターは、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典として「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、”日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となるでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。芸術やスポーツ、日本語教育を通じた文化交流、そして日本と東南アジアの絆から生まれる響きあいをぜひご堪能ください。

※【ASIAN ELEVEN】【東南アジア映画の巨匠たち】【サタンジャワ 立体音響コンサート上映】は別会場での開催です。

日程
2019年06月27日 (木) ~07月14日 (日)
会場
東京芸術劇場 館内各所
舞台芸術
プラータナー:憑依のポートレート

Photo:Sopanat Somkhanngoen

タイ文壇注目のU.ヘーマムーンの小説を岡田利規が舞台化。バンコク、パリを経ての凱旋公演

■日程:6月27日(木)~7月7日(日)

■会場:シアターイースト

詳細はこちら

フィーバー・ルーム

Courtesy of Kick the Machine Films

東京初演:タイの世界的映画監督アピチャッポン・ウィーラセタクンによる初の舞台作品

■日程:6月30日(日)~7月3日(水)

■会場:プレイハウス

詳細はこちら

響きあうアジア2019ガラコンサート
小林研一郎指揮 東南アジアと日本のオーケストラ奏者による特別編成のコンサート

■日程:7月1日(月)

■会場:コンサートホール

詳細はこちら

DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演 2019

Photo:Yosuke Kamiyama

東南アジアと日本をストリートダンスでつなぐ共同作品

■日程:7月12日(金)~7月14日(日)

■会場:シアターウエスト

社会課題とアート
災害とデザイン
災害と環境問題をテーマとしたアジアのクリエイティブな取り組みの展示とワークショップ

■日程:7月1日(月)~7月15日(月・祝)

■会場:アトリエイースト

日本語パートナーズ
展示で巡る”日本語パートナーズ”の5年
アジアの人々との交流の軌跡を展示

■日程:7月1日(月)~7月15日(月・祝)

■会場:アトリエウエスト

”日本語パートナーズ”経験者と話す会
経験者と直接話せるイベント

■日程:7月7日(日)

■会場:ギャラリー1

【日本語パートナーズとは】

”日本語パートナズ”は、ASEAN諸国を中心とするアジアの中学・高校などへ派遣され、日本語教師や生徒のパートナーとして、日本語の授業アシスタントや日本文化の紹介を行うとともに、現地の言語や文化を学び、日本とアジアの架け橋として活躍しています。2020年までに3,000人が派遣される予定です。

お問合せ
国際交流基金アジアセンター
TEL:03-5369-6025 FAX:03-5369-6141

主催:国際交流基金アジアセンター

共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)/公益財団法人日本サッカー協会/公益財団法人ユニジャパン/株式会社パルコ ほか

制作:公益社団法人日本オーケストラ連盟/PARC-国際舞台芸術交流センター/株式会社precog ほか

協力:株式会社オズ・ミュージック/株式会社ヤマハミュージックジャパン ほか

▲ページトップへ