芸劇こどものアトリエ 「めにみえない みみにしたい」関連企画

「かんげきのおみやげ」

いま観たモノ、体験したコトは、自分の心に残る「おみやげ」。その「おみやげ」を、自分だけではなくみんなの「おみやげ」にしてみよう、というワークショップです。

一人ひとりが感じたこと、思ったことを、みんなでからだ全部使って味わい、共有し、もっとすてきな「おみやげ」をもって帰りましょう!

「めにみえない みみにしたい」ご観劇後にご参加いただくワークショップです。

日程
2019年08月31日 (土) ~09月01日 (日)
「めにみえない みみにしたい」公演終了後
会場
リハーサル室
講師
櫻井拓見、たけうちみずゑ、宮野祥子
講師プロフィール
櫻井拓見(さくらいたくみ)
櫻井拓見

演出家・劇作家・俳優。chon-muop主宰。東京を拠点としながら、愛媛県松山市、鳥取県鳥取市など、国内の様々な会場で演出作品を発表。2017年、福岡市文化芸術振興財団主催の演出家コンペティション『一つの戯曲からの創作をとおして語ろうvol.6』ファイナリスト。また、絵本を使ったワークショップ集団「えぽんず」のメンバーとして、未就学児や親子を対象とした参加型パフォーマンスを豊島区内で定期的に行っているほか、調布市内の小学校での学芸会指導、福祉施設でのコミュニケーションワークショップなど、アウトリーチ活動を積極的に展開している。

たけうちみずゑ(たけうちみずえ)
たけうちみずゑ

俳優。蜷川幸雄率いるニナガワカンパニーダッシュに参加後、chon-muopに所属。
2009年から、絵本ワークショップ集団・えぽんずの中心メンバーとして親子向けのパフォーマンス活動やワークショップを展開。
シンガポールの演出家チョン・チェセンの作品に出演するなど、外部出演も多い。

宮野祥子(みやのしょうこ)
宮野祥子

秋田県出身。大学卒業後、渡英し、教育学修士号を取得。帰国後、早稲田大学大学院文学研究科博士課程に入学し、2018年に博士号を取得。専門は、演劇教育、コミュニケーション教育。博士課程に在籍中、文学座附属演劇研究所に入所し演技を学ぶ。その後、ファシリテーターとして、学生、保育者、子どもなどと演劇ワークショップを実践している。現在、千葉大学教育学部などで非常勤講師も務める。

ワークショップ開始時間
①2019年8月31日(土) 13:00~
②2019年8月31日(土) 16:30~
③2019年9月1日(日) 13:00~
④2019年9月1日(日) 16:30~

「めにみえない みみにしたい」各公演終了30分後から開始。

対象
4歳~小学2年生まで(保護者同伴可)
定員
各回15名
チケット料金
「めにみえない みみにしたい」公演セット券:1,400円(税込)
すでに公演チケットをお持ちの方:500円(税込)
発売日
2019年6月15日 10:00~
チケット取扱

【東京芸術劇場ボックスオフィス】

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00
WEB http://www.geigeki.jp/t/

※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

▲ページトップへ