HOME > 過去の公演 > 芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第7回演奏会

芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第7回演奏会

芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第7回演奏会

ⒸSeiji Okumiya

劇場を拠点に活動する若き音楽家たちと、国内外の第一線で活躍する音楽家の共演

2020年2月29日。新型コロナウイルス感染症が徐々に勢力を強め始めた頃に開催を予定していた「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第6回演奏会」は、東京芸術劇場において新型コロナウイルス感染症の影響で初めての開催中止となった公演でした。あれから一年。これまで以上に将来に対し不安を感じる中でも、音楽を愛し続け、その素晴らしさを伝える仕事を目指す若き音楽家たちが、船出の時を迎えました。

2月13日(土)に開催されるStage1では金管楽器のアカデミー生が、佐藤友紀氏(東京交響楽団首席トランペット奏者)と青木昂氏(読売日本交響楽団首席トロンボーン奏者)とともにエワルド作曲の「金管五重奏曲第1番」などを演奏します。

同日に開催されるStage2と3は、今年で卒団を迎える第5期生7名それぞれによる企画をショーケースとして連続公演。バックグラウンドの異なる7名が、キャリアアップゼミで学んだ自己プロデュース力を生かし企画した、渾身のプログラムをお楽しみください。

2月14日(日)は、3名のトレーナーが出演。
Stage4ではアレッサンドロ・べヴェラリ氏(東京フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者)と3名のアカデミー生によるクラリネット四重奏が出演。ハーヴェイ作曲の「一楽章の幻想曲」やコネッソン作曲の「プレリュードとファンク」などが演奏されます。

最後の公演となるStage5では、伊藤悠貴氏(チェロ)と木管五重奏によるチャイコフスキー作曲「ロココの主題による変奏曲」と小林沙羅氏(ソプラノ)とアカデミー生による声楽と管楽器のための作品が演奏されます。

日程
2021年02月13日 (土) ~02月14日 (日)
会場
シアターイースト
公演スケジュール

Stage.1 金管アンサンブル 2021年02月13日(土)11:00開演

出演:青木 昂(トロンボーン/アカデミートレーナー)、
佐藤友紀(トランペット/アカデミートレーナー)
丸山菜津紀、川崎栞里、田北勇希、佐藤悠光、柳瀬陸
(芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー アカデミー生)

Stage.2 卒団生によるショーケース(前半)2021年02月13日(土)14:00開演

出演:日下雅央、宗石月海、足立雄大
(芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー5期生)

Stage.3 卒団生によるショーケース(後半)2021年02月13日(土)18:00開演

出演:設楽正義、金野龍篤、丸山菜津紀、崔師碩
(芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー5期生)

Stage.4 クラリネット四重奏 2021年02月14日(日)11:00開演

出演:アレッサンドロ・べヴェラリ(クラリネット/アカデミートレーナー)
近野千昌、設楽正義、吉川清香
(芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー アカデミー生)

Stage.5 ファイナルコンサート 2021年02月14日(日)14:00開演

出演:伊藤悠貴(チェロ/アカデミートレーナー)
小林沙羅(ソプラノ/アカデミートレーナー)
伊藤愛、正木知花、中山泰洋、近野千昌、吉川清香
金子歩未、陶山咲希、川崎栞里、佐藤文香
(芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー アカデミー生)

プロフィール
芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー

東京芸術劇場が2014年度から実施する、日本のプロフェッショナル管打楽器奏者のレベルアップを目的とした若手演奏家を育成する事業。主に音楽大学を卒業した20名の若手演奏家が在籍している。アンサンブル力および個々の表現力の向上とセルフプロデュース能力の向上を目指したプログラムを展開し、音楽界に新風をもたらし次代を牽引するような、多角的視野を持つ管打楽器奏者を育成している。国内外に限らず、これからのクラシック音楽業界を牽引する音楽家をトレーナーに迎え、演奏活動はもちろんのこと、キャリアアップのためのゼミナール等多彩なプログラムを提供。アカデミー生は在籍中、東京芸術劇場のレジデント演奏家として、出張演奏を行い地域に音楽を届けている。
芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー ページ

公演における対策とお願い

東京芸術劇場では、「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第7回演奏会」を開催するにあたり、来館者、出演者、従業員スタッフなど、劇場を利用するすべての方の安全と安心のため、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みを行っております。
ご来場の皆様が少しでも安心してお楽しみ頂けるよう、ご理解、ご協力をお願い致します。

「公益財団法人東京都歴史文化財団東京芸術劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき、お客様並びに、公演関係者を感染から守るために必要な対策を施して実施いたします。

東京芸術劇場における新型コロナウイルス感染症対策については、下記ページをご覧ください。
【東京芸術劇場における新型コロナウイルス感染症対策とご来館される皆さまへのお願い】

  • ご来館時のお願い
    (1)マスクの着用にご協力ください。

    マスクを着用でない方の入館はご遠慮いただきます。

    劇場・主催者にてマスクの提供はしておりませんので予めご了承ください。

    (2)咳エチケットやこまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。

    (3)開場は開演の30分前です。ご来館の際は、お時間に余裕を持ってお越しください。

    (4)館内でのソーシャル・ディスタンスの確保にご協力ください。

    特に、ロビーや客席内でのお客様同士の会話はなるべくお控えください。

    (5)換気のため、会場内が寒く感じる可能性がございます。必要な方は、上着などをご持参ください。

    (6)ご来館日時をご自身で記録していくことをおすすめします。

    (7)東京版新型コロナ見守りサービスへの登録にご協力をお願いいたします。

    「東京版新型コロナ見守りサービス」導入のお知らせ

  • チケットおよびお座席に関するお願い

    (1)感染予防および公演当日の混雑緩和のため、チケットの事前予約・引き取り・購入にご協力ください。

    チケットの払い戻しについて
    体調に懸念があり、ご来場できない場合は、チケットの払い戻しをいたします。
    払い戻しをご希望のお客様は東京芸術劇場ボックスオフィスまでご連絡ください。

    • 東京芸術劇場ボックスオフィス
      0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

    (2)万が一新型コロナウイルスに感染された方が会場内にいらっしゃった場合、該当する公演を観劇された他のお客様に確実に連絡がとれるよう、チケット購入の際にお預かりした個人情報を必要に応じて保健所等公的機関に提供する場合がございますので、あらかじめご承知おきください。

  • ご入場時のお願い

    (1)ご入場時には、サーモグラフィーを使用し、体温を確認させていただきます。
    平熱と比べて高い発熱(平熱より1℃以上もしくは37.5℃以上)がある方や、体調不良が認められる方等は、ご入場をお断りし、チケットの払い戻しをいたします。

    (2)チケットはスタッフが目視で確認いたします。予め確認しやすいようご準備ください。
    チケットはお客様ご自身で半券を切り取り、ご入場ください。

    (3)無料プログラムの用意がございますが、手渡しは行いません。会場内の所定の場所にてご自身でお取りください。

    (4)大きな荷物のお預かり、ブランケットの貸出、物品販売の営業はいたしません。
    給水機の使用も中止します。薬の服用や水分補給のために必要な飲料水等はご自身でご持参ください。

    (5)終演後は、混雑緩和のため、順番にご案内させていただきますので、係員の誘導があるまでお席にてお待ちください。

    (6)サイン会は実施いたしません。また出演者へのプレゼント、ご面会、楽屋口、劇場付近など公共の場を含めて、出演者の入待ち・出待ちはご遠慮ください。

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場

助成:文化庁ロゴマーク

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|
独立行政法人日本芸術文化振興会